新しい視点を持つこと☆

NO IMAGE

こんばんは(^^)

国の発展の度合いを測る目安ともいえる国民総生量(GDP)ですが、
今回ご紹介したいのは、国民の97%もの人が『幸福』と感じているブータンの国民総幸福量(GNH)♪についてです!

既にご存知の方もいらっしゃることと思います。
私自身も、凄いなぁ~何でだろうって思っていました。

国民総幸福量の概念を国の運営に取り入れていて
国の豊かさを「経済」ではなく「幸福」ではかろうという考え方!

「国民の幸福度をいかに上げるか」を国の政策目標の柱に!
反映も幸福も両方大切だけど、幸福の方が大切とされているそうです。

そんなブータンの政府観光局にある一文をご紹介したいと思います(^^)
————————————————————————————————————–
第四代国王は、国家の問題が経済成長だけに特化されることを心配し、ブータンで優先するべきなのはGDPではなくGNHだと決めました。そして、国の発展の度合いをGNHで測ることを提唱しました。彼は、豊かであることが必ずしも幸せではないが、幸せであると段々豊かだと感じるようになる、と言っています。一般的な発展が、経済成長を最終目的として強調するのに対し、GNHの概念は、人間社会の発展とは、物質的な発展と精神的な発展が共存し、互いに補い合って強化していったときに起こるものだ、という考えに基づいています。
————————————————————————————————————–

ブータン政府観光局より

婚活パーテイーや結婚相談所でのお相手選びのものさしになってくるのは、
「学歴」「年収」「職業」「容姿」・・・。ほんとにここはなぜか外せないって方多いですね☆

じゃぁ、これが満たされていればどんなお相手とでも幸せになれるのかな。。
結婚するってことが最終目標になっているのでは。。っと感じること、たまにあります(^^;)

婚活中、「高学歴じゃなくちゃいけない」とか「職業が安定してなくちゃいけない」とか
決めつけて自分の視野が狭くなったりしていませんか。

結婚で大切と言われる価値観や生理的な部分って、
実際お会いして会話をしなきゃ分からないところだと思います!

ブータンの国王が、経済成長だけに特化されることを心配しってありますが、
婚活も同じ。結婚することだけに執着し過ぎて大切な事ないがしろになってないかな・・・とか。

そして、豊かであることが必ずしも幸せではないが、幸せであると
だんだん豊かだと感じるようになる
ともありますが、
自分にとって幸せであるとこはどんなことにあるのかな・・・とか。

婚活中に方は是非、自分の未来の幸せをイメージしてみてください。
そこに、学歴や職業・容姿や年収がメインで入ってきますか?

例えば人気の美容師さんが両手を切断する様な事故にあって収入を得られなくなったら・・・
痩せてる容姿で選んだ方が、これから10年20年一緒に年を重ねていく中で激太りしたら・・・。

それでも愛し続けていける方って本物だなって思います(^^)

もちろんお金だって大切ですよ☆容姿だって生理的な部分ですし仕方ないときあります!

ブータンの国王は、全世界で国民総生産量が国の幸福度合も決めていると言われて
多くの人が、学校で習ってもそうなんだって当たり前のように認識してきた中で
新しい視点で捉え国民幸福量を具体化しようとしたからこそ、
国民の幸福度が非常に高い国作りができたんです。

婚活に関わらず、たまに自分の視野が狭くなってないかなって
考えてみるもの大切な時間ですよね!