出生率 5県で上昇 福島1.53、伸び1位 震災前超える

NO IMAGE

こんにちわ。
マリッジパートナーズです。

「出生率、5県で上昇」
という見出しで、厚生労働省が4日に発表した2013年の統計によると、女性r一人が生涯に産む子供の推定人数を示す合計特殊出生率は、5県で前年の水準を上回り。特に1.53となった福島県は全国で最も高い伸びを示したそうです。
秋田県が唯一低下し、人口減の深刻さが非常に問題視されているようです。

宮城県に関しては、2年連続で上昇し、震災前の水準を超えたそうです。

各自治体はさらに引き上げる目標を掲げており、子育て・結婚の支援に力を入れる予定のようです。

http://mpartners.jp/arc/2086