NO IMAGE

こんばんは(^^)

もう9月もあっという間に4日。。。
なんだか月日が立つのが年々早く感じるっていってた親の気持ちが少しずつ分かり始めました(笑)

現在30代半ばですが、20代に比べてこんなに月日流れるのが早く感じるとは思ってもいませんでした。
実際一日一日が早くて、夜も寝るのがもったいなく感じるけど体が~ついていけずに結局2時くらいには(=_=)

マリッジパートナーズも4月18日のOPRNして、
早くも4か月経って5か月目です♫

月日の流れの速さに関心していてふっと思い出した映画の事を
今日はご紹介したいと思います。

『最高の人生の見つけ方』

監督はあの「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー監督です。
映画館でもみましたが、そのあとも思い出すと何度も借りて観てる映画の一つです(^^)

簡単なあらすじとしては、

家族のためにひたすら働いてきた自動車整備工カーター(モーガン・フリーマン)は、学生時代に教授に勧められ“棺おけリスト(死ぬ前にやりたいことリスト)”を作ったことがあったが結婚して子供が出来て仕事に追われる日々を過ごしていくうちに突然病(ガン)に襲われ余命6ヶ月の宣告を受けました。

一方で、大金持ちの実業家エドワード(ジャック・ニコルソン)は会社に人生をつぎ込んで多忙に過ごしてきたが、カーターと同様、病(ガン)に襲われ余命6ヶ月の宣告を受けます。

対照的な人生を歩んできた2人が病院のベットで隣り合わせたことがきっかけで人生の最後を共に過ごすことになり、カーターがやれずにしまっていた棺おけリストを取り出したことが2人の生涯最後の大冒険がはじまるきっかけに☆彡
互いのリストをひとつひとつ埋めていく中で友情が芽生えるお話です!

って、なんだか死に向かっていく暗い話のような気がする方もいらっしゃるかもしれませんが、この映画の素敵な所はリストの内容に

●世界一の美女にキスをする

とか

●赤の他人に親切にする  など☆彡

こんなこともリストに入ってる!と面白かったのと

やりたいことを頭で考える前にとにかく書き出して一つ一つ実行していこうって気持ちになったきっかけが病ですが2人は前向きに一生懸命に、そして精一杯楽しんで実行していく姿を見ていると本当に勇気をもらえる映画です。

そして、ふと自分自身を振り返るきっかけをもらえます。

今の自分ってどうかな?大それたことじゃなくてもいいから、
やりたいことちゃんとできてるかな?って考えると、意外と身近な人に感謝の言葉を伝えてなかったり、ついつい『また今度・・・』って後回しにしていることが、次々出てきて自分でもびっくりしちゃいます(苦笑)

機会があったら、皆さんも自分のやりたいことリスト作ってみても☆

なかなかリストにするほどでてこないかも知れませんが、
最初に『これだ』と書いたことって自分にとっては大切なことだったりするかも知れません(*^-^*)