これでモテ方が変わる…!女性に「つまらない人」と言われないために、男が出来るコト

男性には耳の痛い話かもしれませんが、女性が「この男性とはお付き合い出来ない」と思う理由の一つに、「一緒に居てもつまらない」ということがあります。例え見た目がカッコ良くても、そう思われてしまう人は女性にモテません。ドキッとした男性もいるかもしれませんね。しかし、ココに目を背けてしまっては、結婚したくても「なかなか相手が見つからない…」ということになってしまいます。

では、女性が男性を「つまらない」と感じるポイントは何処なのでしょう?また「つまらない人」と言われないようにするためには、どうすればいいのでしょうか?特に婚活中の男性は、知っておきたいところですよね。

そこで今回は、5,000件以上の結婚相談に乗って来た“しあわせ研究家”の筆者が、女性が「つまらない」と感じる男性の特徴と、「つまらない人」と思われないための方法をアドバイスします。「どうすれば女性に気に入ってもらえるのか…」と悩んでいる男性の参考になれば幸いです。

女性が「つまらない」と感じる男性の特徴

①“魅力のない答え”しか返って来ない

「休みの日は何をされているんですか?」との質問に「寝てることが多いですね…」趣味を聞かれても「特別コレといってないですね」なんて答えてしまう男性はいませんか?もしかしたら、照れもあっての答え方なのかもしれません。しかしそれでは、女性も何と返答してよいかわからず、貴方の良さも伝わりません。

②女性に対する気づかいがない

婚活パーティなど出逢いの場にもかかわらず、笑顔も見せず一人で黙々と食事だけしてしまう男性も。そんな男性も女性からは「つまらない人」と思われてしまいます。男性が笑顔でいるのは女性に好意的な証。食事の時、積極的には食べずらい女性をさり気なく誘ってあげるのも、男性ならではの気づかいの表れなのです。

③自分のことしか話さない

自分のことばかりを一方的に話し、女性の話を聞こうとしない男性もいます。そんな男性も残念ながら「一緒に居てもつまらない」と思われてしまうでしょう。そうなってしまうのは、ココロに余裕がない証拠。コミュニケーションはキャッチボールをしないと盛り上がりませんから、モテたいならば、女性の話を聞ける“ゆとり”を持つようにしたいですね。

④会話が楽しく続かない

また、女性の話をちゃんと拾えない男性も「つまらない人」と思われがち。そんな男性は、女性が何かを話しても、内容を受けた返答をせず、全く関係ない話題で返してしまいます。このような男性も、結局は自分の話しかしていないことになるのです。

⑤女性が喜ぶことに興味を示さない

デートの時、女性が喜びそうな場所や、お店などを調べる気が全くない男性も、「つまらない人」と思われてしまいます。もし貴方が婚活中なら、たとえ今まで習慣がなかったとしても、“どうしたら女性が喜ぶのか”ということに少しでも興味を示す必要があります。

女性に「つまらない男」と思われないための“4つのステップ”

①“自分の魅力の伝え方”を真剣に考える

“休日の過ごし方”って男女の話題にのぼりやすいですよね?もし、貴方が休日に寝ていることが多いなら、ただ「寝てます」と言ってしまっては、惰性感を感じさせ「つまらない人」と思われてしまうかもしれません。

一方、寝ていることを伝えるのは同じでも、その理由に着目し、自分をプラスに見せる方法もあります。「平日、失敗が許されない仕事をしてるもんですから、休む時にしっかり休んで鋭気を養ってます」どうでしょう、印象が変わりませんか?自分の魅力をアピールしたいなら、例え寝ることひとつであっても、“前向きな選択”として伝えます。それなら女性も「大変なお仕事をされているんですね」と、貴方に興味を持つでしょう。

趣味を聞かれたときも同じ。「特にないですね」では、“つまらない人”決定です。それよりも、「仕事一筋で来たものですから、今まで趣味をやっている余裕がなくて…でも、これからは何か見つけたいですね」なんて答えたらどうでしょう?そんな人を「つまらない」なんて誰も思いません。それどころか、仕事のデキる男の印象の方が強くなるはずです。

「つまらない人」と言われないための第一歩は、“自分の魅力をどう伝えるか”を真剣に考えることにあります。質問に何となく答えるのではなく、どう答えたら良い印象を持ってもらえるか、興味を持ってもらえるかを研究することが大切です。

②プライドを気にして“殻”に閉じこもらない

婚活パーティなどで、女性に話しかけられない男性の中には、「断られたらカッコ悪い」「うまく会話が出来なかったらカッコ悪い」と、バリアを張って殻に閉じこもってしまう人がいます。しかし、それがかえって「つまらない人」「カッコ悪い…」なんて思われているとしたらどうでしょう?そのようなプライドの防衛は、かえって逆効果なのです。

そんな男性は、まずは笑顔を作ることから始めてみませんか?自分の殻に閉じこもるのではなく、心を開いて周りを見るのです。ぽつんと一人でいる女性がいたら、勇気を出して「こんにちは」と声をかけてみましょう。立食であれば、「ここの食事、美味しいですよ。もう食べましたか?」と声をかけ、「よかったら一緒に取りに行きませんか?」と誘ってみて下さい。それだけで貴方が、“気遣いの出来る優しい男性”に昇格すること間違いナシです。

③“会話のキャッチボール”を研究する

「俺は口下手だから…」と開き直り、コミュニケーションを高める努力をしなければ「つまらない人」と言われてしまうだけ。女性を会話で楽しませるためにはコツがありますから、モテたい男性は学んでおくようにしましょう。

そのコツはとてもシンプル。① 自分の話をしたら「○○さんはどうですか?」と相手にも振るようにする ② 相手の話をよく聞き、話の内容を受けた返答をする。共感ポイントを探すか、何かを褒めるようにすると尚良い ③ 相手の話を否定したり、遮ったりしない それだけです。具体的な例を上げるよりわかりやすいかもしれませんね

男性:「僕は、休日ドライブをするのが好きなんですけど、〇〇さんはどんなことをして過ごすことが多いですか?」
女性:「わたしは車の運転が苦手なので、家で音楽を聴いていることが多いです。本当は行ってみたい場所も色々あるんですが…」
男性:「どんな音楽が好きなんですか?」
女性:「〇〇とか、〇〇とか…」
男性:「趣味いいですね!僕も車の中で〇〇をたまに聞きますよ。ところで、行ってみたい場所ってどんな所ですか?」
女性:「温泉です!温泉が好きなので…」
男性:「温泉、いいですね!僕も大好きです」

と言った具合に会話を盛り上げます。否定の言葉は極力使いません。何故なら女性は、共感されればされるほど、相手に好意を持つからです。

④“女性の喜ぶ場所”を探しておく

特に初デートで、男性が食事の店も決めることも出来ないようでは、どうしても「つまらない人」と思われます。恋愛経験が少ない人であっても、せめて初回だけは女性の喜ぶ場所を用意して、男らしさをアピールしたいですよね。そのためには、あらかじめ相手の女性に“好きな食べ物”を聞いておくこと。和食が好きか洋食が好きか、お酒は飲めるかどうか、ぐらいは確認しておきましょう。「レストランをよく知らない」と言う人も、地元情報誌などメディアを参考にすれば、女性が喜びそうな店が見つかります。

お店をどう選ぶかと言うと、まずは、高級過ぎず、カジュアル過ぎないお店が無難でしょう。高級過ぎると気を使わせてしまう可能性もあるし、カジュアル過ぎるとがっかりさせてしまうかもしれないからです。もし可能であれば、女性の同僚などに「最近、女性に人気の店ってどこかな」と聞いてみるのも一手。“食べログ”などを参考にするのもいいですね。例えば、雰囲気のいい“ダイニングバー”などであれば、女性も好きなものをあれこれ選べるのでおススメ。女性は、美味しいものをちょっとずつ食べるのが好きだし、盛り付けが綺麗だと尚喜びます。

また、デートの日にちが決まったら、お席の予約をしておきましょう。折角行っても長々と待たされてしまっては、女性を疲れさせてしまうからです。まずは貴方が事前に行って、環境や味などを確認出来たら完璧ですね。

如何でしたか?

「つまらない人」と言われないためには、やはり、モテる努力から目を背けないこと。自分のことをもっと真剣に考え、女性に対しハートを開けて、女性のニーズを研究することに尽きるのです。そのためには、興味や関心の幅を広げて下さい。きっと、今まで以上に魅力的な男性になれるはずですよ。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪