【知っておきたい女性の心理】やっぱり嬉しい!女性が喜ぶ、男性からの「褒め言葉」

婚活中の男性や、彼女募集中の男性の皆さま、意中の女性との会話中、特に意識していることはありますか?

相手に好意を示すためには、ただ会話をするだけでなく、“いい面を見つけて褒めること”が大切。そうすることで、女性も「この人、私に関心があるのかしら…」と気付いてくれるのです。

ただし、何でも“ただ褒めればいい”というものではありません。うっかり的の外れた褒め方をしてしまうと、かえって女性に嫌われてしまう結果に。

そこで今回は、5,000件以上の恋愛・結婚相談に乗って来た筆者が、女性の“上手な褒め方”と、多くの女性が喜ぶ“褒め言葉”をご紹介します。「褒めるなんて照れくさい」と思う人も、好きな女性をゲットするためには必要です!この機会にアナタも、“褒め方”を研究してみませんか?

女性の“褒め方”には、マナーがある

先に、“絶対NGな褒め方”をお伝えしておきましょう。これから仲良くなろうとする女性に、性的関心を連想させるような褒め方だけはしないこと。

「胸が大きいですね」「脚が綺麗ですね」「腰が細いですね」などはNG!初対面に近い女性にとっては、褒め言葉でなく“セクハラ”です。「この人いったい何を見ているの!?」と、怒りをかってしまうでしょう。

モテる男は、“印象”をさりげなく褒める

仲良くなる前の関係においては、“相手の印象をさりげなく褒める”ことに終始した方がスマート。その方が、女性は「紳士的だ」と感じるのです。近づき過ぎず、離れ過ぎず、女性を気分良くさせる。多くのモテる男性は、その匙加減を心得ています。

女性が喜ぶ、効果的な“褒め言葉”とは?

では具体的に、どんな褒め言葉が女性に喜ばれるのでしょうか?

1.「似合いますね」「ステキですね」

「今日のワンピース、似合ってますね」「その髪型、ステキですね」など、女性は、さりげなくファッションセンスを褒められると嬉しいのです。

ポイントは、外見と言っても肉体面でなく、あくまでファッションを褒めること。何故なら、「目が大きい」「色が白い」「細い」などは一見喜ばれそうですが、親しい関係になるまでは、少々生々しい褒め方ですし、人によってはコンプレックスだったりすることもあるから。

自分で選んだものが似合っている、と言われるのは、その人の自信に繋がります。男性だって「そのネクタイ、ステキですね!」と言われたら嬉しいですよね?

2.「可愛いですね」「綺麗ですね」

やはり女性は、いくつになっても「可愛い」「綺麗」と言われるのは嬉しいものです。ただ、唐突にそのセリフを言うのはちょっと不自然。さりげなく伝えるためには、こんな風に言ってみては如何でしょうか?

「〇〇さんは、可愛らしい雰囲気の方ですね」「綺麗な方なので、緊張しています」

おそらく、「そんなことないですよー!」と言う言葉が返って来ると思いますが、「すみません、僕はそう思えたので」と言っておくといいでしょう。

3.「優しいですね」

もし女性が、自分に何かをしてくれたなら、「すみません」より「優しいですね」と褒めましょう。例えば、婚活パーティで女性が飲み物を取って来てくれたなら、「ありがとう、優しいですね」がベストです。

女性がまだ親しくならないうちから、男性に何かをするということは、多少なりとも好意を持っている証拠です。その気づかいを「優しいですね」と承認することは、二人の関係を近づけるきっかけになるはず。

それに、「優しい」と褒めることは「女らしい」と褒めているのと同じコト。女性にしてみれば、「私の“女らしさ”を解ってもらえた…!」という事になるのです。

4.「凄いですね」「素晴らしいですね」

社会で活躍する女性には、男性と同じような“褒め言葉”が効果的。キャリアのある女性ほど、「凄いですね」「素晴らしいですね」と、プライドを満たしてもらえると嬉しいのです。

今の時代、女性にモテるためには、いかに躊躇なく「スゴい」と言ってあげられるかにかかっていると思います。

「そんなことを言ったら、男が見下されそう」と思う人もいるかもしれませんが、それは大きな勘違い。多くの女性は、男性から“尊重されること”を望んでいるだけです。

女性と仕事の話になった時、「俺の方が上だ!」と威嚇してしまうようでは、正直モテません。女性の話を「それは凄いですね!」「素晴らしいなあ」と褒めてこそ、「彼は、器の大きい人なのね」と、女性から一目置かれるのです。

5.「頑張ってるんですね」

いくら女性が強くなったとは言え、元々男性が作った社会で働く以上、女性は精神的にも肉体的にも、過酷さを乗り越え頑張っています。それを、「頑張っている貴女は素晴らしい」と、“敬意を込めて認めてあげること”は、女性の救いになります。

例えば、「毎日、仕事が忙しくて大変なんです」と言われたら、「そんなに頑張ってるなんて、スゴいですよ」と返しましょう。すると女性は、「私の大変さを解ってくれる人なら、男として頼れるかも…」と思うのです。

そんなニーズを叶えられる男性は、間違いなく現代のモテ男。自分のプライドに囚われず、女性を労わり尊重出来る男性こそ、今一番、求められている男性像なのかもしれません。

如何でしたか?

現代人は男性も女性も、「褒められたい!」という欲求が強いと思います。褒められれば、気持ちが明るくなり、自信も湧いて、モチベーションだって上がりますよね。

だから恋愛も、「自分を認めてくれた」「解ってくれた」ということがきっかけで始まるコトが多いんです。だとしたら、“気になる異性は、積極的に褒めるべし!”だと思いませんか?

また、人を褒めれば、自分も人から褒められるようになるものです。“いい所を褒め合う習慣”が身に付けば、男女のみならず、人間関係全体がうまく行くようになるでしょう。

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。しあわせ研究家/コラムニスト/ヒーラー/美容整体師。ヒーリング・美容整体・ライフコンサルを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いているサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー他。

しあわせ研究家・珠艶の『今週のハッピー・ヒント』

■ 親しくなったばかりの女性に「喜ばれるプレゼント」とは?

パーティや合コンで知り合った女性が誕生日…。資格試験に合格…。新しい仕事が決まった…。そんな時、男性のアナタはどうしていますか?

仲良くなったばかりだから、相手の負担になってもいけないけれど、何もしないワケにもいかない。そんな時、こんなプレゼントは如何でしょう?

① レストランで食事を御馳走する

ちょっと特別感のある食事をプレゼントするのは、最も無難でスマートなお祝い法。喜ばれるポイントは、相手の好みに合わせて、あくまで「雰囲気の良いお店」を選ぶこと。

お魚好きなら、カウンターで握ってくれるお寿司、お肉好きなら、鉄板焼きやおしゃれな焼き肉などがおススメ。和食やフレンチ、イタリアンのコース料理も女性に喜ばれますが、あまり予算オーバーなら、ランチにすればコストが抑えられます。お店は事前に予約して行くようにしましょう。

② 花束

綺麗なお花はどんな女性にとっても嬉しいものです。ただ、街中でいきなり渡してしまうと目立ってしまうかも。お花をプレゼントするなら、車デートの時か、レストランの個室などで渡す方がベター。

③ ちょっと高級なワインやシャンパン

お酒好きな女性なら、ちょっと高級なワインやシャンパンもおススメ。ポイントは、お店でプレゼント用にラッピングしてもらうこと。「今度一緒に飲みましょう」などと言えば、愛を深めるきっかけになるかも。

まだこの先どうなるかわからない関係においては、食べてしまうもの、使ってしまうものといったプレゼントの方が、お互い重くならずにすみます。でもそれが、関係を深めるきっかけになれば嬉しいですよね!

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪