【知っておきたい男の心理】優しい女性はわかってあげて!実は男性が「苦手なこと」7つ

「男ってどうして“あざとい女子”がわからないの?」「なんでいちいちアドバイスしたがるの?」「やたらとラーメンや丼ぶりものが好きなのは何故?」そんな疑問を感じたことがある女性、多いのではないでしょうか?

女性には不思議に思うことですが、これは“男脳の成せる業”であることが大きいと言われています。

こんな人は、“男脳が強め”なだけ!

恋愛経験があり、姉妹や同僚など周りからも“女性を学ぶ機会”が多かった男性は、ある程度、女性に合わせる“柔軟性”が身に付いています。

しかし、男兄弟の中で育ち、仕事一筋、お付き合い経験もないと言った男性は、“男脳”が強めのまま。女性に慣れていない分、女性に対する接し方も不器用かもしれません。

でも、“男脳”が強いということは、“男らしい”ということでもあります。結婚すると、頼りがいのある“いい旦那様”になる人も沢山いるのです。

そこで今回は、“しあわせ研究家”の筆者が、男脳強めの人にありがちな、“苦手なコト”をご紹介します。

あえて何故、“苦手なコト”をご紹介するかというと、女性に「苦手なら仕方ないわよね…」と、寛大になってもらいたいから。スグに「ないな…」と思ったらもったいない!どんな男性も結婚したら、いつかは女性に慣れるのです。

彼氏や、意中の男性がいる人は、これを読めば相手にもっと優しくなれるかも。「男ってわからない…」と感じている女性にぜひご一読いただければ幸いです。

“男脳強めの男性”が、実は苦手なこと7つ

1.最初から女性を“中身”で判断すること

男性は、初対面から女性の内面を見抜くことが苦手です。

“男は視覚で恋をする”と言うほど、まず外見の方に目が行きます。最終的に結婚するかどうかは人柄を見るにしても、恋するきっかけはあくまで「好みのタイプだったから」という人が多いのです。

逆を言えば女性も、まずは男性の“視覚重視”に合わせてあげればモテるということ。

ただし、男性の美意識は、女性のそれとは違いがあります。例えば、すべての男性が“モデルのように細い女性”を好むワケではありません。男性が求めているのは、あくまで、清潔感と女らしい雰囲気があることです。

また、多くの男性が結婚相手に求めるのは、“清楚な女らしさ”。それ故女性も、パンツよりスカートやワンピースを選び、アクセサリー控えめなお嬢様コーデを心掛けるといいでしょう。

これを「媚びる」と捉えるのは考え過ぎ。女性だって、女性好みに身なりを整えている男性を「ステキ!」と思いますよね?初対面で自分をアピールするには、“見た目で表現するのが一番”と思っておきましょう。

2.“女性の話”を黙って聞くこと

男性の脳は“解決脳”と言われ、会話のキャッチボール=相談×問題解決になってしまう傾向が。

だから、女性の“ただ聞いて欲しいだけ”、“ただわかって欲しいだけ”というニーズが理解出来ず、あれこれアドバイスしたくなってしまうのです。

女性は、女子友同士で何でも話すことで、日ごろのストレス解消する傾向がありますが、男性は、男友達であっても、“プライバシーを何でも話す”ということは、まずありません。

それ故、「そこまで話すということは、俺のアドバイスが必要なのだな」と勘違いしやすいのです。

3.“女性の気持ち”を察すること

よく女性から、「わたしのコトが好きなら、言わなくてもわかるべき!」という不満を聞くことがありますが、残念ながら、男性はそれが最も苦手です。

特に女性経験の少ない男性には、ちゃんと言葉で説明しないと、気持ちが伝わりません。

例えば、女性が「何でもいい」と言えば、本当に「何でもいいのだ」と思ってしまいます。「本当はこうして欲しかった」と後から言われても、「めんどくさい!」と混乱してしまうでしょう。

だからモテる女性は、素直で、わかりやすいタイプの女性が多い。して欲しいことを素直に言い、男性がしてあげたことに、解りやすく笑顔で反応する女性は、男性にとって何より安心感があるのです。

4.女性に“カッコ悪さ”を見抜かれること

男性は基本、気になる女性の前では、“カッコつけていたい”と思っています。だからいい所を見せたくて、つい自慢話をし過ぎてしまうことも。反対に、“カッコ悪い所を見せられない”と思うばかりに、会話が続かなくなってしまうこともあります。

男性の話に「それちょっと、言い過ぎ!」と感じても、あえて突っ込まないであげた方がベター。また、「話が続かない…」と思っても、つまらなそうにせず、笑顔で相槌を打ってあげるだけで、会話が弾むようになる場合も。

男性は、女性に“カッコ悪さ”を見抜かれてしまうと、プライドが傷ついてしまいます。ちょっとしたことは見て見ぬふりをしてあげた方が、その後の関係を発展させられるでしょう。

5.女性に“ネガティブな感情”をぶつけられること

これは、お付き合いが進まないと起こらないことだと思いますが、男性が、女性に感情をぶつけられることが苦手であることは、念のため知っておいた方がいいと思います。

何故なら男性は通常、女性より冷静で論理的であることが持ち味。我慢が溜まっていきなり爆発する、生理前に不安が襲ってくる、という女性の不安定さを理解出来ません。

それ故、女性にいきなりネガティブな感情をぶつけられると、非常に驚いてしまいます。人によっては「これ以上付き合うのは無理」と思ってしまう場合も。

そんな悲劇を防ぐには、女性も日ごろから気持ちを押さえ過ぎず、「これからどうしたいか」など、男性と小まめに話し合うようにした方がいいのです。

また、生理前不安定になりやすい人は、その時期のデートを避けるか、お付き合いが深まってからになるとは思いますが、「女性は生理前、不安定になる場合があるの」と、説明しておくのも得策です。

6.仕事をしながら彼女にメールすること

女性は、別の作業をしながらメールやラインをしたりと、とても器用に振る舞えます。しかし、男性は一つの事に集中すると、他のコトがなかなか目に入りません。

つまり、仕事で頭がいっぱいの時に彼女にレスするのは、かなり難しいということ。これも、脳の違いによるものと言われています。

男性にメールやラインをする時は、「仕事が終わってからでいいので、お返事もらえると嬉しいです」と一言添えると親切だと思います。そんな配慮が出来ることも、「いい子だな…」と思ってもらえるポイントになるでしょう。

7.“迷うこと”を楽しんで食べること

男性は何故、ラーメンや丼ぶりものが好きだと思いますか?「ボリュームがあるから?」そうですね、それもあるかもしれませんが、真相は、“一つの器に集中した方が食べやすいから”です。

よく、“コース料理は男性が考えた”と言いますが、目の前のお皿を一つずつ制覇すればトータルに食事を楽しめる、といった仕組みが男性に合っているのです。

それに対し女性は、小皿をあれこれ並べて目で楽しみ、「どれから食べようかなあ」と迷いつつ食事をするのが好きですよね?実はコレ、お酒を飲まない男性の中には、苦手意識のある人もいます。

ラーメン屋さんなど“一皿でボリュームのあるお店”に行きたがる男性に対し、「食の好みが合わない」と一刀両断してしまう女性もいますが、それはあまりにもったいない。

「そればかりだと、女性は太っちゃう」と言えば考えてくれると思いますし、女性との付き合いが長くなれば、女性好みの食事の仕方にも慣れてくれるようになります。

男性は、結婚によって女性に歩み寄れるようになる

最後に一つ、微笑ましいエピソードをご紹介したいと思います。筆者の知人の中に、男兄弟のみ&体育会系&男ばかりの職場に勤める男性と結婚した女性がいます。

初めてのデートの時、「何食べようか?」と聞いたら、「明日、野球の試合だから炭水化物だな!」と言われてドン引きしたとか。「この人にとって食事は栄養でしかないんだ…」と思ったそう。でも、とても真面目で誠実な人だったので、結婚を決意したそうです。

ところがその後ダンナ様は、お料理上手の奥様のお陰でグルメに目覚めてしまいました。今では、ワインのテイスティングも出来て、テーブルコーディネイトも出来る、“おしゃれでステキな男性”に変身しています。

如何でしたか?

男性が女性に慣れないうちは、「これはちょっと…」と感じる言動もあるかもしれません。でも、多くの女性に知っていただきたいのは、そんな男性も、奥さん次第で変わるというコト。

そして、それよりずっと大切なのは、男として“誠実であること”や、”思いやりがあること”、“責任感があること”だということです。

男女の違いを知れば、男性に対する許容力が広がります。アナタも、少しでも男性をわかってあげて、幸せな結婚を目指しませんか?

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。しあわせ研究家/コラムニスト/ヒーラー/美容整体師。ヒーリング・美容整体・ライフコンサルを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いているサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー他。

しあわせ研究家・珠艶の『今週のハッピー・ヒント』

■ 男性と「会話上手」になるための練習法

「男性と話すと緊張する」そんな女性はいませんか?仕事では普通に話せても、プライベートでは難しい…婚活パーティに行ってみたいけど自信がない。でも大丈夫!そんな方も練習をすれば会話上手になれるんです。今回は、会話の練習にお勧めのスポットをご紹介します。

① ヘアサロン

思い切って男性の美容師さんを指名してみましょう。美容師さんは仕事上女性との会話に慣れているため、「今日はお休みですか?」「最近話題の〇〇には行きましたか?」など、しゃべりやすいよう会話を引き出してくれますよ。

② マッサージや整体

男性の整体師さんなども同じです。例えば60分の施術の間、お客様が寝てしまわない限り、世間話に付き合ってくれるのです。受ける人はうつ伏せになっているため、向き合って話すより話しやすいかもしれません。

③ カフェやバーのカウンター

お店によるかもしれませんが、カフェやバーのカウンターも、マスターなどの男性に、話に付き合ってもらいやすいスポットです。コーヒーやお酒の話をしつつ、ちょっとした世間話をしてみる。そんな少しの勇気が、アナタを会話上手にしてくれるかもしれません。

④ 「婚活パーティ」も練習に!

「自信がないから行かない」のではなく、「会話の練習と思って参加しよう」と思ってみませんか?沢山の男性と、結婚をテーマに話が出来るチャンスなどそうそうありません。最初からうまくやろうと思わず、まずは男性に慣れるために参加してみるのもおススメです!

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー