40代が結婚相談所使うべき理由3選!おすすめの選び方は?

結婚相談所マリッジサービス資料

無料で資料ダウンロード

「40代なんだけど、結婚相談所に入るのはもう遅いのかな」
「入れるとしたら、どこがいいんだろう?」

40代から真剣な婚活をはじめる方は、このような不安を抱きますよね。
結婚相談所は40代でも結婚できます。
ただ、結婚相談所によって「結婚しやすい」「結婚しにくい」に分かれるので気をつけてください。

この記事では、40代でも結婚相談所なら結婚できる理由と40代におすすめな結婚相談所の選び方を解説します。

結婚相談所なら40代でも結婚できる!

はじめに、結婚相談所が40代でも結婚できる理由を3つ紹介します。

  • 30代の次に40代が多い
  • 40代でも結婚できるようサポートしてくれる
  • そもそも他の婚活方法より圧倒的に成婚率が高い

それぞれマッチングアプリなどと比較して、具体的に解説します。

30代の次に40代が多い

結婚するうえで大事なのが「同じ年齢層のサービスを利用する」ということです。
自分より若い人が多いと、その人たちに比べられて不利になってしまうからです。

たとえば、マッチングアプリは20代がメインなので、40代の女性が登録すると「40代の男性」に「20代の女性」と比べられてしまいます。

一方で、結婚相談所は30〜40代がメインです。
たとえばマリッジも加盟している「日本結婚相談所連盟」の場合、もっとも多いのは30代後半です。

画像出典:IBJ

このように40代の結婚相手として最適な30代後半〜40代が非常に多いため、自分を選んでもらえる可能性が高くなるのです。

40代でも結婚できるようサポートしてくれる

結婚において大事なのが「客観的なアドバイス」です。
結婚は自分ひとりで完結するものではないからです。

たとえば自分の中で「良いな」と思う写真が、かならずしも異性に「良い」と思われるとは限りません。
マッチングアプリだとそういったことを指摘してくれる人がいないため、勘違いしたまま婚活を続けてしまいます。

結婚相談所の場合、写真の選び方はもちろんのこと、さまざまな点をコンシェルジュがサポートしてくれます。
「40代がどのようにすれば結婚できるか」を熟知しているため、結婚までの最短ルートを見つけてくれるのです。

そもそも他の婚活方法より圧倒的に成婚率が高い

他の婚活方法よりも結婚相談所のほうが結婚しやすいのは、数字で明らかになっています。
マッチングアプリと結婚相談所を成婚率で比べてみましょう。
ここでいう成婚率とは、「年間の成婚退会者」÷「在籍会員数」です。

マッチングアプリ

(ユーブライド)

結婚相談所

(パートナーエージェント)

年間の成婚退会者 2,247人※1 3,136人※3
在籍会員数 731,843人※2 11,600人※3
成婚率 0.3% 27.0%※3

※1 参考:ユーブライド(過去5年間の成婚数11,235÷5年)
※2 実際に登録して調査(2022年3月28日時点)
※3 参考:パートナーエージェント

ユーブライドは会員の約半分が「40代以降」という40代向けのマッチングアプリです。
しかし、そんなユーブライドですら成婚率は0.3%しかありません。

一方、結婚相談所(パートナーエージェント)の場合、成婚率は27%とマッチングアプリの90倍です。
いかに「結婚相談所が結婚しやすいか」がわかります。

40代におすすめな結婚相談所の選び方

すべての結婚相談所が40代に向いているわけではありません!
ここでは「40代におすすめな結婚相談所の選び方」を紹介します。

注目すべきは以下の2点です。

  • 仲人型かどうか
  • サポートに力を入れているか

どちらも詳しく解説します。

仲人型かどうか

結婚相談所は主に3種類あります。

  • 仲人型
  • データマッチング型
  • オンライン型

このうち、40代におすすめなのが「仲人型」です。
なぜなら、仲人型が会員が自分で検索しなくても、あなたにぴったりな異性を紹介してくれるからです。

40代は管理職になる人も多く、仕事に追われてなかなか自由に婚活できる時間を見つけられません。
データマッチング型やオンライン型は自分で検索、やりとり、お見合いの調整をやらなければならないため、手間がかかります。
仲人型ならこういった手間がすべて省けるうえに、厳選された会員の中から結婚にふさわしい異性を紹介してくれるため、最短距離で成婚できるのです。

サポートに力を入れているか

仲人型の結婚相談所でも、さまざまな特色があります。
たとえば「安さ」を売りにしているところや「会員数」を強みにしているところもあるのです。

40代は「サポート」に力を入れている結婚相談所を選びましょう。
なぜなら、婚活にあまり時間をかけていられないからです。

いくら料金が安かったり会員が多かったりしても、成婚までに時間がかかるのであればおすすめできません。
特に女性は年を重ねるごとに高齢出産のリスクが高まるため、確実に「1年以内の成婚」を目指すのが大事です。
サポートに力を入れている結婚相談所を選べば、成婚までの道のりを一緒に考えてくれたうえで、具体的にサポートしてくれます。

40代が結婚相談所を使いこなすコツ

自分に合った結婚相談所を見つけても、かならず結婚できるとは限りません。
ここではすこしでも成婚確率を上げられるよう、「結婚相談所を使いこなすコツ」を3つ紹介します。

  • コンシェルジュの意見をできるだけ取り入れる
  • 婚活に充てられる時間をしっかり確保する
  • 大手にこだわる必要はない

ぜひこれらを頭に入れて婚活を進めてくださいね!

コンシェルジュの意見をできるだけ取り入れる

コンシェルジュの意見をできるだけ取り入れましょう。
結婚相談所のコンシェルジュは、自分を客観的に分析してくれる唯一の存在です。

たとえば、見た目やコミュニケーションの部分で厳しい意見を投げかけてくることもあります。
そういったときでも、「今までこれで生きてきたから」「そんなふうに自分を変えるのは嫌」などとがんこになりすぎてはいけません。

40代になると社会で年下のほうが多くなるため、「こうしたほうがいい」とアドバイスされることはなかなかありませんよね。
もちろんコンシェルジュの言うことをすべて受け入れる必要はありませんが、「貴重な意見だ」として参考にするのが大事です。

婚活に充てられる時間をしっかり確保する

真剣に結婚したいなら、40代はある程度仕事をセーブして婚活に集中するのが大事です。
上述したとおり、あまり婚活に時間をかけられないからです。

恋愛婚活ラボの調査によると、男女ともに「35歳」を境に「まったくモテなくなる」とわかります。

出典:PR TIMES

マッチングアプリのデータなので結婚相談所とは違いますが、「年を重ねるごとにモテなくなる」のは間違いありません。

結婚したくないなら仕事に精を出すべきですが、結婚したいならしっかりと婚活の時間を確保しましょう。
そのうえで、自分でもお見合いを申し込んだり、結婚相談所にあるさまざまなサポート制度を利用したりするのがおすすめです。

大手にこだわる必要はない

結婚相談所と言えば「IBJ」「オーネット」といった大手が有名ですが、そこまでこだわる必要はありません。
なぜなら、結婚相談所は相互で会員データを共有しているからです。
極端な話ですが、「できたばかりの結婚相談所」も「IBJ」も、同じ結婚相談所連盟に加入していれば同じ会員を紹介できるわけです。

もちろん大手の結婚相談所は高い安全性や信頼性を誇りますし、連盟の会員ではなく「独自会員」も少なくありません。
しかし、「独自会員」より「連盟の会員」のほうが圧倒的に多いため、会員ではなくその結婚相談所が「しっかり自分をサポートしてくれるかどうか」を見極めるべきなのです。

40代の結婚相談所ならマリッジ!

40代の結婚相談所選びについてまとめます。

  • 40代でも結婚相談所なら結婚できる!
  • その理由は、年齢層が近く成婚率も高いから
  • 40代はサポート重視で結婚相談所を選ぶのがおすすめ
  • データマッチング型・オンライン型ではなく仲人型を選ぶ
  • 婚活の時間を確保して、コンシェルジュの意見を参考にする

今まで説明してきたとおり、結婚相談所は「サポート」で選ぶのがおすすめです。
結婚相談所マリッジは、「年齢」「性別」に合わせた婚活スタイルを提案します!

いきなり入会を決意する必要はありませんので、まずはお気軽にご相談ください。

ABOUTこの記事をかいた人

婚活・恋活専門のライター。既婚者。自身も婚活経験あり。 「婚活をがんばっているすべての人」に役立つ記事をお届けします。