決断するのが苦手な人に…「結婚を決める時」の心得4つ

婚活を始めた方の中には、「過去に恋愛のチャンスもあったのですが、迷っているうちタイミングを逃してしまいまして…」という人もいます。アナタは如何ですか?

「何事も決断が苦手」という方は、なかなかパートナーを決められません。いよいよ決断となると、どういうワケか逃げたくなってしまう人もいます。

そんな方は、自分が本当に結婚を決断出来るかどうか、密かに不安を抱えているかもしれません。

そこで今回は、5,000件以上の結婚相談に乗って来た“しあわせ研究家”の筆者が、決断が苦手な人に一度見つめていただきたい深層心理と、“結婚の決断法”をご紹介します。

決断出来ないのは、失敗が怖いから

決断が苦手な人の中には、幼少期から褒められる経験の少なかった人もいます。親御さんの子供に対する理想が高く、「なんでそうなの!」「もっとこうしなさい」と言われ過ぎて来たのです。そのため自信が持てなくなり、決め事のたびに「失敗したら大変」とブレーキをかけるようになったのかもしれません。

家庭環境には問題が無くても、いじめられた経験や、挫折の経験から、失敗することが過剰に怖くなってしまった人もいます。逆に、失敗を避け要領よく生き過ぎてしまったため、未体験の決断が出来なくなってしまった人もいると思います。

結婚に“成功・失敗”は存在しない

独身の方にとって結婚は、まさに未体験の決断。だからといって失敗を恐れて決断出来ないと、いつまで経ってもパートナーが出来ませんよね。

だからこそ頭に置いていただきたいのは、100%成功の結婚などこの世に存在しない、というコト。逆を言えば、100%失敗の結婚もないというコトです。

例え理想の相手を見つけたとしても、幸せもあれば苦労もある。それが結婚。もし、多少後悔するようなコトがあったとしても、それも経験。成長のための貴重な糧なのです。

“成功しなければ”より、「経験してみよう」と考える

決断が苦手な人は、物事を“成功・失敗”で考え過ぎてしまう傾向があると思います。しかし実際にはどんな物事も、“成功・失敗”だけで判断することなど出来ません。例えば、一見失敗と思うような経験をしても、それを生かして人生を好転させた人などいくらでもいますから。

実は人生には“経験”が存在するのみ。結婚も、人を成長させてくれる大切な経験。

少なくとも“成功・失敗”より、“経験するかどうか”で判断した方が、決断のハードルは下がりますよね?「失敗するのが怖い…」と思いがちな人は、まずその発想を取り入れて見ては如何でしょうか。

「結婚を決断する時」の心得3つ

では実際に結婚を決断する時、どんな心得を持っているといいのでしょうか。確実に結婚を決めるためにも、ぜひ、ご参考にしてみて下さいね。

① 5割納得したら、決断に値する

「5割でOKなの!?」と驚かれるかもしれませんが、致命的な問題がない場合は、それぐらいで充分なのです。何故なら、後の5割は結婚後、お互いの努力によって培うものだから。

“10割納得”を目指してしまうと、そもそも相手が見つからないか、逆に期待し過ぎて、結婚後残念に感じることの方が増えてしまうかもしれません。

むしろ、過剰な期待をし過ぎず結婚した方が、いい事がすべてハッピーサプライズに。“喜びの伸びしろ”を残しておくのも幸せになるための工夫だと思います。

② 心配事より、幸せに目を向ける

結婚相手の候補が出て来ると、決断が苦手な人は、自信を持てないが故に不安要素ばかりを考えてしまいがち。

しかしそれでは、“決断できない理由”を自ら作っているようなもの。結局どんな相手であっても決断できない、ということになってしまい兼ねません。

だからこそ意識してでも、“楽しい夫婦生活”や“結婚後の幸せ”の方に目を向けるべきなのです。夫婦がうまく行っていない人の話を聞いたり、ネガティブな記事を読むのもやめておきましょう。

③ “人の価値観”を考え過ぎない

決断が苦手な人の中には、「周りにどう思われるか」を考え過ぎてしまう人もいます。親の価値観、友達の価値観、同僚の価値観、それぞれバラバラなものを一度に考え過ぎてしまい、一つのことを決断するのが容易でないのです。

しかし結婚は本来、自分がいいと思うかどうかで決めるべきコト。親御さんは家族として関係あるかもしれませんが、だからと言って、親の意見に偏り過ぎるのも問題。何故なら最後は、夫婦二人の人生になるからです。

④ 「まずは始めてみよう」と思うコト

いくら結婚前にあれこれ考えても、男と女は究極、結婚してみなければわかりません。

ある程度「この人とならやっていけそう」と思ったら、とにかく結婚生活を始めてみるに尽きると思います。そしてそこから「どういい夫婦になろうか」と考えればいいのです。

今はネットを開けば、「結婚前に相手のココを見るべき…!」といったリスクヘッジ情報が山ほどあります。でも、それをすべてチェックしていたら本当にキリがない。

確かに結婚は一生のことなので、簡単に決められるものでもないでしょう。しかし反面、慎重になり過ぎてもタイミングを逃すだけです。

既婚者の多くが、「考えてもキリがないから、とにかく結婚してみよう」と決断しています。それが本音ではないでしょうか。みんなそこから努力して、人が羨むような幸せを築いているのです。

決断するコトそのものが、“達成感”と“自信”に繋がる

決断の苦手な人は、よく「自信がないから決断出来ない」とおっしゃいますが、実は、“決断しないから自信が持てない”とも言えるのです。もし、自分で結婚を決断出来たなら、それこそ大きな達成感を得られるはず。

その達成感こそ、確かな自信に繋がります。そうです、自信を持ちたいなら、思い切って決断してみることなのです。

それは、アナタが大人として自立する儀式のようなもの。自分の人生を自分で決める。それは、自己責任で生きようとする大きな一歩。

それに結婚はゴールではなく、あくまで始まり。幸せになるもならないも、すべてはその後の努力次第。今より少しでいいから自分を信じましょう。それだけでアナタの運命が光に向かって動き出すでしょう。

如何でしたか?

「幸せを経験したい」と思う気持ちがあるなら、悩み過ぎず、チャンスを逃さず、一度は結婚してみることだと思いますよ。そこには、想像以上の喜びと感動が待っているかもしれません!

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。しあわせ研究家・ヒーラー・占星術家・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー他。

しあわせ研究家・珠艶の『今週のハッピー・ヒント』

■ 「自信がない」と悩める人に…自分に自信をつける方法って?

世の中、プライドが高いのに「自信のない人」が増えています。プライドが高いのならもっと自信が欲しいところ。逆に自信が付けば、ちょっとしたことに傷つかなくて済むようになるかも。

① 高い理想を目指し過ぎない

プライドの高い人は、高い理想を求めすぎる傾向にあります。しかし、現実的に理想が叶わないと、ひどく落ち込み自信を失ってしまうのです。真に自信を得たいなら、本当の自分を受け入れ、理想を調整することも必要ではないでしょうか。

② 小さな達成感を積み重ねる

自信を育むには、小さな「達成感」を積み重ねるコトです。ポイントは、苦手なコトを少しずつステップアップして行くこと。押し入れの整理が出来た、作ったコトのない料理が作れた、3か月運動できた、100万円貯金が出来た、など何でも構いません。

③ 理想の人より「褒めてくれる人」をパートナーに持つ

婚活も、理想の人を追いかけて落ち込むより「褒めてくれる人」を探しましょう。それは妥協ではなく、アナタ自身が自信を持って生きて行くために必要なコトです。

④ 自立する

自信の根拠は「自分で生きて行ける」という安心感。大人になっても親に頼りっぱなしでは、やはり根本的な自信は育ちません。実家暮らしでも親に何でも頼るのではなく、自分のコトは自分でするようにしてみて。「私にも出来る」これこそが自信の源になります。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪