本気で結婚したいなら…!恋愛初心者の男性に必要な7つのステップ

「仕事の昇進が決まって将来が見えてきたら、“やっぱり傍に誰かがいて欲しいな”と思うようになりまして…」
「親が帰省する度に歳をとって行くのを見て、“そろそろ孫の顔を見せてあげないと”と焦っています」

しあわせ研究家の筆者は、男性からそんなご相談を受けることもあります。

最近は特に30代以降で、女性との交際経験が無い方や少ない方のご相談が多くなりました。その多くの方からは「職場や周りには、これといった対象者がいません」という悩みをお聞きしています。

そのような方が希望通り、幸せな結婚をするためには、どうしたら良いのでしょうか?

それには、今すぐにでもしていただきたいコトがいくつかあります。それは「結局相手が見つからなかった…」ということにならないためです。

そこで今回は、5,000件以上の結婚相談に乗って来た“しあわせ研究家”の筆者が、交際経験の無いor少ない男性が、無事結婚するために必要なステップ7つをご紹介します。

特にアラフォーの男性は、年齢的にも躊躇している暇はありません。まだアラサーであっても、一日でも早い方が勝算があります。ぜひ、ご参考にしていただけたら幸いです。

本気で結婚するために!恋愛初心者の男性に必要な7つのステップ

① 女性が“喜ぶコト”を研究する

女性と交際経験の無いor少ない男性に欠けがちなのは、「女性が男性に何を求めているか」という知識や情報です。これがわからない故に、今までお付き合いに至らなかった、あるいは関係が続かなかった、という方も多いのではないでしょうか。

かといって、わからないままにしていては、結婚はなおさら難しくなってしまいます。

例えば、現代の多くの女性は「男性にエスコートをして欲しい」と思っています。女性はちゃんとエスコートしてくれる男性に対し、「彼なら結婚後も大切にしてくれそう」と思うことが出来るのです。

かといって、女性に慣れていないとスマートにエスコートするのは難しいですよね?「どうエスコートしていいかわからない」と思う方は、まず“レディ・ファースト”の精神と行動を学んでみて下さい。レディ・ファーストに関しては、本やネットの情報でも知識を得られますし、セミナーを開催している専門家もいます。

より理想的な結婚相手と結ばれたいなら、まずは、女性に対する“サービス精神”を持つことです。女性が喜ぶことを研究し実行に移す。これは、どんな男性にとっても、結婚するための基礎スキルと言えます。

② 印象の良い“普段着”を揃え、身だしなみを整える

人にもよりますが、彼女いない歴が長いと、男性はおしゃれに無頓着になりがちです。でも、パートナー探しをするに当たっては、ある程度、女性に好まれるファッションを揃える必要があります。

特に要になるのは“普段着”。つまりデートに着て行く洋服です。これが好印象か、ダサいかで、女性からの評価がガラリと変わってしまいます。

おススメしたいのは、シンプルできれい目なコーディネイト。例えば春なら、紺や黒、ベージュ、グレーなどのベーシックカラーのアウターに、無地又はストライプやチェックのシャツにシンプルなカーディガン、もしくは綿混の春ニットなどは如何でしょう?スニーカーもごつごつと派手なものでなく、出来ればスッキリしたデザインを選びます。

最近は、アパレルショップだけでなく、通販でも流行のコーディネイトを一通り揃えることが出来ますので、忙しい方や、近くにお店が無い方も安心です。

また、髪をきれいにカットし、髭を整えるなど、身だしなみにも気を遣いましょう。何故なら、女性が求める結婚相手の最低条件は「清潔感のある人」だからです。

「ちょっとお腹が出て来たな…」と思う方は、出来ればトレーニングもしておきたいですね。

男性も女性をまず容姿から判断するように、女性にとっても男性の見た目は大切なのです。どんなに高収入でも、どんなに人柄が良くても、第一印象が残念だと魅力が半減してしまいます。

結婚相手をゲットするためには、「女性に好かれたい」という気持ちが何より大切。男性のおしゃれは、女性に好かれるための第一歩でもあるのです。

③ 現代女性の“結婚観”を認識する

今は、女性も仕事さえあれば自力で生きて行ける時代。故に、最初から苦労が伴う結婚をしようとする女性は、かなりの少数派です。

こと、若い世代の女性においては、“家事や子育ては夫婦で分担”が常識となりつつありますし、最初から姑・姑女との同居を受け入れる女性も少ないです。

実家暮らしが長く、女性経験の無い男性の中には、未だに「親夫婦の関係が常識」と思い込んでいる男性もいます。しかし、妻に仕事があっても一人で家事をこなすのが当たり前、嫁は姑・姑女に仕えるもの、という古い価値観のままでは、今の時代、簡単に相手を見つけることは出来ません。

例えば、親御さんが最初から同居を望んでいたとしても、当面は夫婦だけで暮らすことを決めるなど、今の女性のニーズに合わせた対応を想定しておく必要があります。

稀に「好きな男性のためなら苦労をいとわない」という女性もいますが、それは、男性に余程素晴らしい魅力があり、女性側の恋愛熱が高いケースに限られると思います。

④ 理想を“実現可能なレベル”に調整する

恋愛初心者の男性ほど、結婚相手に過剰な理想を求めてしまいがち。それは女性経験が少ない故に、女性の現実がわかっていないからでしょう。

例えば、自分が40代であっても「20代の、“アイドルのように可愛い女性”と結婚したい」と望む男性もいます。確かにそれは理想かもしれませんが、一般的にはかなり難しい願望と言えます。それが叶えられる男性は、女性の扱いやエスコートがピカイチにうまい上、人柄・経済力ともにハイスペックな男性に限られるでしょう。

多くの女性は、結婚相手にプラス5歳まで、よほど条件が良くても7~8歳までの年齢差を望んでいます。最近は特に若い世代の女性ほど、大幅に年上の男性とは結婚したがらないのです。

また、「怒らない女性がいい」といった理想を持つ男性もいますが、それこそ非現実的。女性だって生身の人間です。男性がもし、腹の立つようなことをしたら、どんな女性だって怒るでしょう。

男性はロマンティストな方が多いのもわかりますが、パートナーを見つけるためには、やはり、“女性の現実”を受け止めることも必要。年齢・容姿・性格共に、実現可能な理想を持つようにしましょう。

⑤ 一日も早く“婚活”を始める

すでに周りに対象者がいないなら、何か特別な行動を起こさない限りは、なかなか結婚相手は見つかりません。

交際経験の殆ど無い人が、偶然の出逢いを期待してしまうのはとても危険。何故なら、仮にチャンスがあっても、それを掴むには豊富な恋愛経験とテクが必要だからです。

確実に結婚したいなら、とにかく婚活するのが一番なのです。まずはその事実を受け止め、年齢的に有利なうちに(一歳でも若いうちに)婚活を始めた方がいいでしょう。

また、「男はいくつになっても結婚出来る」と高を括るのも危険!

何故なら、自分の年齢はさておき、一歳でも若い女性との結婚を望む方が多いからです。それに対し女性は、同世代の男性との結婚を望んでいます。つまり、男性であっても年齢が上がれば、それだけ理想を叶えられなくなるのです。

また男性の中には、年齢が上がると共に頑固になって行くタイプの方もいます。長く一人でいすぎると、ある年齢から女性に合わせることが苦痛になってしまう人も。そうなってからでは、益々結婚が難しくなってしまうでしょう。

そうであれば、いつまでも「俺が婚活するなんて…」などと考えるのは、もはやリスクでしかありません。今や婚活は、結婚相手と出逢うための当たり前の手段。本気で結婚したいなら、一歳でも若く柔軟に動けるうちに、“どう婚活するか”を考えるべきでしょう。

⑥ サポート体制が整った“結婚相談所”を選ぶ

交際初心者の方の場合、合コンやパーティなど、恋愛力で女性をゲットするような方法だけでは、決して成功率が高いとは言えないかもしれません。

何故なら、女性とのコミュニケーションに慣れていないと、参加したものの誰とも深く話せず、次につながらない可能性もあるからです。

それよりも、プロフィールから相手を選べる、お見合い形式の“結婚相談所”を選ぶ方が確実でしょう。落ち着いて相手を選べて、一対一で相性を確認できるので、初心者の方でも関係を進めやすいと言えます。

また、筆者が特におススメしたいのは、コンシェルジュや仲人といった、アドバイザーが在駐・サポートを行う、サービス重視の“結婚相談所”です。

男女関係を深めるに当たっては、必ず「どうしたらいいのだろう…」ということが出て来ます。そんな時、恋愛経験の無い方が一人で悩んでも、なかなか正解を出すことが出来ません。

一方、プロのアドバイスがあれば、困難を的確に乗り越えて行くことが出来ます。それによって成婚率もグッと上がるでしょう。

ただし、サポート体制が整っている相談所はそれなりに入会金がかかります。しかし専門家のサポートが得られる上、身元が保証されている“結婚に本気度の高い女性”と出逢えるのですから、真面目に結婚したい方にとっては、充分価値があると言えるでしょう。

出会い系アプリには“パパ活目的”の女性もいるようですし、入会金無料のネット婚活には“結婚に本気でない女性”もいる可能性が。そのような場所で手探りで相手探しをするより、ずっと安心で効率的ではないでしょうか。

⑦ 傷つくことを恐れず、積極的に出逢いを重ねる

世の“モテ男”がモテるようになった理由は、数々のフラれた経験から、リアルに女性を学んだからと言われています。そうです、モテ男は一日でならず。良いも悪いも女性を知り尽くしたからこそ、人も羨むモテ男になったのです。

交際経験が殆ど無い、という男性の中には、「今まで本当に仕事が忙しかったから」「周りに女性がいなかったから」という人もいると思いますが、「女性にもしフラれたらイヤだから」という理由で女性を避けて来た男性もいるのではないでしょうか。

しかし、そんなことばかり言っていたら、いつまで経っても女性から選ばれることはありません。

女性ともっと仲良くしたい、愛し愛されて結婚したい。そう願うなら、多少の失敗があろうと果敢に女性と出逢って行くコトです。とにかくリアルに向き合って、女性が喜ぶ会話のコツや仲良くなるヒントをつかみ取るのです。

もし仮に、一度や二度うまく行かなくても「これも学びだ、次に生かそう」と、割り切る強さを持って下さい。そして一度の失敗に執着せず、唯一のパートナーが見つかるまで出逢いを重ねて行くのです。

様々な出逢いを重ねるごとに、会話もエスコートも上手くなり、女性から愛されるようになります。女性に慣れて行く度、内なる自信が湧き上がり、きっとパートナーが見つかる頃には、貴方も“モテ男”になっていますよ。

チャレンジする男はカッコいい。貴方に愛されたい女性がきっといます!

その気がなさそうに何もしない男性より、パートナーを求めて果敢にチャレンジする男性は、女性から見ても潔く、カッコいいいものです。

そんな貴方に魅力を感じ、貴方から愛されたい、貴方を支えてあげたい、と思う女性がきっと現れるはず。

婚活は、究極の“男磨き”でもあると思います!ぜひ貴方の経験の場・成長の場として、また人生のパートナーとの出逢いの場として活用してみませんか?

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん) 1963年生まれ。しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー

しあわせ研究家・珠艶の『今週のハッピー・ヒント』

■ 婚活中の男性必見。意中の女性に言ってはいけない一言

言った方に悪気はなくても、女性から「この人とお付き合いや結婚はないわ!」と思われてしまう一言があります。相手がもし意中の女性なら大変!今回は、実際にあった男性のNGワードをご紹介します。

① 「それ、贅沢じゃない?」

女性の好きなコトに対し「高くない?」「贅沢だよね」の一言はタブー!例えば「数年に一回の海外旅行が楽しみ」という女性に「それ、贅沢じゃない?」などと言ったら終わってしまいます。何故なら「この人と結婚したら好きなコトにも文句を言われそう」と思われるから。とかくお金に細かい男性は女性から敬遠されますので気をつけましょう。

② 「ちょっと興味ないですね…」

女性の趣味などの話に対し「興味ない」の一言はタブー!女性から「価値観が合わない」とジャッジされてしまうでしょう。気になる女性の話には、例えわからないことでも「僕は詳しくないですけど、楽しそうですね」などと、興味や関心を示すようにしましょう。

③ 「なんで今まで独身だったの?」

美人に対する素朴な疑問かもしれませんが、女性からは「失礼だ」と思われてしまうことも。人にはそれぞれの事情があり、答えにくいことだってあります。男性だって聞かれたら困る人もいるはず。さすがに「モテなかったから」とは言いずらいですよね?

④ 「体重、40キロ台ですか?」

驚くようなお話ですが、こんなデリカシーのないコトを言ってフラれた男性もいます。この男性は体重神話に囚われていたようですが、そもそも女性に体重話は絶対タブーなんです!これはセクハラと思われても仕方がない話題。滅多にいないと思いますが、認識の足りない方はご注意を。

⑤ 「理想の女性は母のような人」

お母さんが立派なのは素晴らしいことですが、結婚を考える女性からすると、この一言はかなりのプレッシャー。マザコンを疑われる可能性も。特に意中の女性に対し、お母さんへの崇拝話はほどほどに。理想の女性を語るなら「優しくてしっかりした女性」などと伝えた方が無難。

どれも、女性に対する認識不足が失言に繋がっているようです。特に婚活中は、女性の気持ちを考えて発言するようにしたいですね!

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー