【アラサー女子のお悩み相談】どうしたらいい…?アラサーが婚期を逃さないための処方箋①

 

いつも、“しあわせな毎日を引き寄せる方法”をお読みいただきありがとうございます。筆者は今まで、数多くの恋愛・結婚相談に乗り、ご相談者を幸せに導いて来ました。最も数が多いのは、恋や婚活に悩むアラサー女性のご相談です。今回から数回に分けて、今までお受けしたご相談の中から、多くの方の参考になるようなケースをいくつか抜粋しご紹介したいと思います。

■ 独身女性の先輩との関係に悩む、A子さん(30歳)のご相談

「わたしの会社は、40代や50代の独身キャリアの先輩が多く、リーダー格になっている女性から食事会のお誘いが頻繁にあります。普段はステキな先輩なのですが、お酒が入るとどうしても男性の悪口や、専業主婦を下に見るような発言が多くなるのが気になります。実は、わたしは結婚したら今の仕事を辞めて、パートをしながら主婦をやりたいと思っているのですが、先輩たちの前ではなかなか言えません。

また、30歳を期に婚活を始めたのですが、婚活パーティのチャンスが頻繁に食事会と重なるため、うまく身動きが取れません。だからといって“婚活があるので”と言ってしまったら裏切者のように思われそうです。どうしたらいいのでしょうか?」

【しあわせ研究家のアドバイス】 “親御さんの心配”を引き合いに、婚活を始めたことを伝えましょう

このケースはA子さんだけでなく、職場に独身の先輩の多いアラサー女性全体のお悩みですよね。結婚を諦めている女性の中には、婚活だからと単独行動を始める後輩を面白く思わない人がいるからです。A子さんの先輩の場合、仕事ではステキな女性であっても、お酒が入ると、男性や専業主婦の悪口が多いのもちょっといただけません。自分は結婚する気がないならいいとしても、未婚の若い後輩を巻き込むのは問題があります。

だからといって、「わたし、結婚したら仕事を辞めて主婦になりたいので」なんて言ってしまっては角が立ちます。辞めたいと公表してしまっては、職場にもいい印象を与えません。また、「アナタとは生き方が違う」という言い方では、挑戦的に受け取られてしまう可能性も。そこでおススメなのは、親御さんの心配を引き合いに出すこと。「すみません、親が心配しているので婚活を始めたんです」とやんわり伝えてみましょう。おそらくそれで、むやみなお誘いは来なくなるでしょう。

結婚を諦めている独身女性が多い職場の中で、自分だけ婚活を始めるのは、強い意思が必要だと思います。しかし、先輩たちの価値観に付き合っていたら、アナタも確実に婚期を逃してしまうでしょう。アナタが結婚して幸せになりたいなら、どんな理由があっても早めに動くべき。自分の幸せは周りがどうであろうと、自分の意思と行動で掴むしかないのです。

■ 「既婚者からしかアプローチされない…」と悩むB子さん(32歳)のご相談

「わたしは20代のころから、何故か既婚者や、彼女持ちの男性からしかアプローチされません。先日もやっと独身男性から声がかかったと思ったら彼女がいて、がっかりしてしまいました。

わたしは営業職ですが、プライドが高い方なので、月によっては男性社員よりいい成績を取っています。友人は多い方で、別れた男性とも友達として続くことが多く、性格的にサバサバしていると思います。だからさほど寂しくないせいか、気付いたら独身のままアラサーを過ぎてしまいました。でも流石にこの先の不安もあり、男性から結婚対象と見てもらえる方法を知りたいです」

【しあわせ研究家のアドバイス】 “プライドの高さ”と、“男の陰”を感じることが原因。身辺整理をして婚活を始めるべし!

既婚者からしかアプローチされない、いつもセカンドになってしまう、と悩んでいる女性って仕事を頑張っている人に多い。何故ならキャリア女子はプライドが高いので、「本命するには大変かも…」と独身男性から思われがちだからです。更に残念なのは、既婚男性からは「プライドが高そうだから、不倫してもどろどろにならなそう」と思われやすいということ。

また、B子さんの場合は、別れた既婚男性と友達として続けてしまっていることも原因だと思います。女性がいくら“友達”と思っても、男性には「あわよくば…!」という気持ちがあるはずだから。独身男性からすると、周りに男がうろうろしている“信頼出来ない女性”、ということになってしまうのです。

これで、理由がわかっていただけましたでしょうか?この状態を打破するためには、まずは身辺整理をして下さい。そして、独身男性にきちんと会うため、婚活を始めましょう。その時、プライドの高さが滲み出てしまうと、男性から引かれてしまうかもしれません。そこは素直に見直して、プライベートでは“可愛げのある女性”になるよう努力するようにしましょう。

<次回に続く>

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。しあわせ研究家/コラムニスト/ヒーラー/美容整体師。ヒーリング・美容整体・ライフコンサルを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いているサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー他。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です