運命の人に出会ったら感じる7つのサイン。「この人だ…!」と気付くために必要なこと

もしも結婚するなら、世界でたった一人の“運命のパートナー”と結ばれたい……そう思っている人も多いはず。でも、「この人だ!」と気付くためには、いったい何をバロメーターにしたらいいのでしょう?婚活中の方ならなお更、知っておきたいのではないでしょうか。

そこで今回は、5,000件以上の結婚相談の実績があり、プロのヒーラーとしても活躍する“しあわせ研究家”の筆者が、多くの相談者の実例と、自らの結婚体験を基に、“運命のパートナー”に感じる7つのサインをご紹介します。アナタも、魂が共鳴する特別なパートナーと出会えるといいですね!

“運命のパートナー”に感じる7つのサイン

1.不思議な“一体感”がある

最初から他人でないような、そんな違和感の無さがある。初めて会ったのに、どこか懐かしさがある。まるでもう一人、個性の違う自分がいるような一体感……この感覚こそ、多くの人が“運命のパートナー”と出会った時に感じているサイン。これをスピリチュアルの世界では、魂のパートナー“ソウルメイト”とも言います。(ソウルメイトは厳密に言うと、ツインレイ・ツインソウルなど様々な分類がされていますが、今回は“ソウルメイト”と総称します)

男女であるにもかかわらず、それ以上に、男と女を超えて惹かれ合うものがある…そうであれば、その人が“運命の相手”である可能性は高いでしょう。

2.何度も出会うチャンスが来る

お見合いであれば、「また会いたい」と双方が思うでしょうし、パーティなどで縁があった場合も、その後、タイミングよく会う機会に恵まれます。それはまるで、磁石のプラスとマイナスがくっつくような感じです。筆者も夫と3度偶然出会ったことから、「これは尋常じゃない縁かも」と思い、デートをするようになりました。このように、運命のパートナーとはとんとん拍子に関係が進むことが多いようです。

3.時間を忘れて会話が出来る

まるで昔からの知り合いのように話が出来るのも特徴です。それ故、二人で会話をしていると、つい時間を忘れてしまうことも。そしてその時間は、かけがえなく楽しく、充実感が高いのです。

4.“自分らしいまま”いられる

「いつも異性の前では、自分を演出してしまうのに……」そんな人も“運命のパートナー”の前では、不思議と自然体でいられるのも特徴。それ故、特に会話をしなくても緊張せずにいられ、二人でいることに違和感がありません。

5.“大切にしていること”が同じ

それぞれの性格や、個性は違っても、最も大切にしていることがお互いに一致しています。これは、最初からはわからないかもしれませんが、二度・三度会っていく度、驚きと共に気づくことになるでしょう。長年連れ添えばなお更、“かけがえのない人”であることを、お互いが深く理解するようになります。

6.不思議と“不安”を感じない

「こんなに安心感があるなんて…」と思えるほど、“不安”を感じません。それは、職業や年収など物理的なこととは関係なく、まるで親と一緒にいるような、根本的な安心感です。人によっては、「親・兄弟より自分に近い気がする」と感じる人もいます。

7.ずっと別れる気がしない

筆者は夫と10年の付き合いですが、今まで別れる予感がしたことは一度もありません。例え喧嘩をすることがあっても、お互いを疑うことがまずないのです。最後まで連れ添う自信が不思議と湧く相手……それも“運命のパートナー”の特徴なのかもしれません。

一方、人によっては、“運命のパートナー”との出会いを自ら遠ざけている場合もあります。そんなことになってはちょっと残念。

運命の人に対するアンテナを高めるためにも、結婚相手診断テストで自分と相性が良い人はどんな人なのか、事前にチェックしておくのも良いかもしれません。

 

“運命のパートナー”を遠ざける行為とは?

1.“物理的な条件”を求め過ぎること

“どんな相手がいいか”を頭で考え過ぎてしまうと、“魂のご縁”はなかなか引き寄せられません。特に、職業や年収、年齢や見た目といった物理的なことへのこだわりが、出会いの機会を狭め、チャンスを遮ってしまうのです。また、あまりに「相手にこうして欲しい」という理想があり過ぎると、折角ソウルメイトと出会っても、うまくいかない可能性が。

2.ハートや感性でなく、“損得”で相手を判断すること

折角、運命の人と出会っても、「この男性と一緒になったら経済的にラクできるだろうか?」「彼女を妻にしたら、周りに見栄を張れるだろうか?」などと、損得感情で判断してしまい、自ら大切な縁を逃してしまう人もいます。それがいけないことなのではありません。ただ、お金に変えられない“本当の幸せ”を逃してしまうのは、とてももったいないことだと筆者は思います。

魂のパートナーと結ばれたいなら「物理的な欲求を抑えること」も大事

如何でしたか?

“魂のパートナー”には憧れていても、パートナーに「最初から物理的な希望も叶えて欲しい」と、つい欲張りになってしまう人もいますよね?

しかし、ソウルメイトと言われるような相手は、最初から“物理的な条件”をすべて満たさず現れることの方が多いのです。何故なら、二人が協力してこそ“人生の目標”が達成できるようになっているからです。二人で課題を乗り越え、互いに成長して行く関係とも言えます。それが人からどう見えるかはわかりませんが、本人たちの“幸福感”は非常に高い。それが、魂レベルのパートナーシップです。

どんな結婚を望むかは、その人次第と思います。しかし、“魂の繋がり”を感じるパートナーシップもいいものですよ。さて、アナタはご自分の結婚に、どんなパートナーシップを選択するでしょうか。

本当の意味で合う人を探せる結婚相手診断テストはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー