【知っておきたい男の心理】貴女もやってない…!?男性が「理解不能」な女性の行動

女性にとっては“当たり前”のことでも、多くの男性には、“理解し難い女性の行動”というものがあります。女性がそれを知らずに「常識でしょ?」とばかりやり過ぎてしまうと、誤解を招き、男女の喧嘩の原因になってしまうかもしれません。

そこで今回は、5,000件以上の結婚相談に乗って来たしあわせ研究家の筆者が、女性が客観的に認識しておきたい、“男性が理解不能な女性の行動”についてご紹介します。

オンナ友達に、何でも相談してしまう

仲のいいオンナ友達に、「自分のことだけでなく、彼氏のことまで何でも相談する」という女性、意外といますよね?実はこれ、男性には理解できないことなんです。男性同士は例え親友であっても、プライベートを何でも相談するなど、まず考えられません。男同士はどんなに仲が良くても、お互いライバルであることが前提だからです。

女性は「友達なんだから相談して当然」と思っているかもしれませんが、問題は、この行為が男性のプライドを傷つける可能性があることです。男性は「他ならぬ彼女だから、人に言わないことを話した」と思っているのに、右から左にプライバシーを暴露されてしまっては、「信用するんじゃなかった!」と不信感にさいなまれてしまいます。

男性とのお付き合いで大切なのは、問題が無い限り“カレを一番”に考え、プライバシーを守ってあげるようにすることです。そうすればカレもアナタを信頼し、「結婚しても大丈夫だろう」と思ってくれるようになるでしょう。

殆どの話は、“聞いてもらうだけでいい”

女性は、話すことでストレスを解消したり、ココロを整理したりする習慣があります。これは、女性にとってとても大切なことなのですが、男性にはその気持ちがわかりません。男性は基本、自分を整理したい時は一人で考えますし、ストレスを解消したいなら、趣味に没頭したり、スポーツをする方がいいのです。また、“話をする”ということは、「一人で考えてもわからないことを解決したいのだ」と思ってしまいます。

ところが、女性は違いますよね?女性は“物事を解決したい”というより、ただ話を聞いてもらいたい欲求の方が強い。多くの女性は「話を聞いてくれさえすれば、いずれ自分の中に答えが定まる」とわかっているからです。それ故、「聞いたからには解決してあげなければ!」と話を遮ってでもアドバイスしようとする男性に、ストレスを感じてしまいます。

この欲求の違いを解消するには、女性が話す前に、「聞いて欲しいだけなんだけど、聞いてくれる?」と男性に断ること。そうすることで男性は、「ただ聞き流せばいいのか」という事実を少しずつ学んでくれます。男性が女性の話を聞き流すには、かなりの忍耐がいるようなので、「聞いてくれてありがとう」の一言も忘れずに。

「何でもいい…」と言いつつ、結局“何でもよくない”

これはデートの時、よく喧嘩の原因になることです。男性から「今日、何が食べたい?」と聞かれると、「何でもいい」と答えてしまう女性は多いと思いますが、その言葉を真に受けてしまった男性は、だいたい嫌な思いをしてしまうことに。何故なら、女性の「何でもいい」の言葉の裏には、「今すぐ答えが出ないから、わたしの好みを察してお店を選んで欲しい」という意味が含まれているからです。もし男性が、女性の好みと真逆な店に連れて行こうものなら、女性は不満をあらわにするでしょう。

女性は、食べるもの一つも「今日、何にしようかなあ…」としばらくあれこれ迷いたい。でも、男性は即答を求めて来る。ここに矛盾が生じてトラブルが起こります。このすれ違いを無くすには、「何が食べたい?」と聞かれた時、「少し考えてもいい?」と切り返すこと。もしくは、「野菜が美味しいお店がいいな」「色々な料理をちょっとずつ食べたい」などと言っておけば、食事が男性の好きなとんかつや焼き肉、ラーメンなどには、まずならないでしょう。

■ やたらと「カワイイ♡」を連発する

女性にとっての「カワイイ♡」は、かなり万能の“褒め言葉”。自分が「いいな!」と思うことを表現する、“全対応型ワード”とも言えるかもしれません。しかし、男性にはそれが理解出来ません。男性にとっての「カワイイ」は本当に“可愛い”ことしかないので、何でもかんでも「カワイイ♡」と言いまくる女性を、“軽率”に感じてしまう人もいます。

そんな男性には、「カワイイ♡」をあまり使わないようにするか、“何故カワイイと思うのか”を説明してあげるようにします。そうすることで、女性の“感性の豊かさ”に興味を持つようになる男性もいます。

贅沢も“自分磨き”になってしまう

一般的な男性は、オンナ同士でホテルの高級スパに行ったり、一流レストランで食事をすることを、“自分磨き”と考える女性の気持ちがわかりません。「それってただの贅沢だけど…」と思うのが男性の感覚です。ですので、男性の前で「わたし、こんなにお金をかけて自分を磨いているの!」と自慢すると逆効果になることが多いのです。堅実な男性からは「結婚したら湯水のようにお金を使われそう…」と引かれてしまうかもしれません。

かといって女性も、結婚する男性が“浪費家”では困りますよね?お金に堅実な男性と結婚したいなら、女性もある程度“金銭感覚”を見直しておく必要があるかもしれません。独身女子同士で楽しんだことを話す時は、相手の金銭感覚に合わせて慎重になった方がいいでしょう。

占いや、パワースポットに行きまくる

ヒーラーである筆者が言うのも何ですが、男性の脳は理論的に出来ているため、科学で測れないような占いや、パワスポに頼りたくなる女性を理解してくれない人もいます。適度であれば、どんな男性も初詣ぐらいはするので“許容範囲”ですが、依存レベルだと「他力本願な女性」と思われてしまうことも。中には、「そんなに願い事をしまくるなんて、欲が深いのかな」と誤解する人もいます。

スピリチュアルに理解がある男性と、そうでない男性は、かなりはっきり分かれます。男性の中には、女性のように物事を“感覚的”に判断することに抵抗がある人もいるからです。それ故、「いいな…」と思った男性がどちらなのかはよく見ておきましょう。もし苦手な男性の場合は、スピに関しては慎重に話すようにして下さい。

まとめ

女性が男性に対してわからないことがあるように、男性も女性に「理解不能…」と思うことが色々あります。だからといって「あり得ない」と言うだけでは、永遠に解り合うことが出来ません。女性も男性も、まずはお互いを知って尊重し、すぐに理解が出来なくても“歩み寄る姿勢”を持つようにしたいものです。

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。しあわせ研究家/コラムニスト/ヒーラー/美容整体師。ヒーリング・美容整体・ライフコンサルを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いているサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー他。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー