【知っておきたい女性の心理】誤解してるかも…女性が「結婚してもいいな」と思う男性の特徴

筆者は、婚活中の男性から「どうも思うようにいかないんですが…」というご相談を受けることもあります。どの方も、もう少しココに気を付ければ…という“惜しい点”をお持ちなのでアドバイスすると、男性からはこんな答えが返って来ることも。「自分は“もう変わらない”と思うので、今の自分を“いいと思ってくれる女性”と結婚したいんです。それって贅沢なことなのでしょうか?」うーん、贅沢とは思いませんが、“女性のニーズ”をもうちょっと知ろうとなさってみてもいいのかも……そして、「変わらない」と決めてしまうのも早いのでは?というのが率直な感想です。

女性は、いくつになっても“男性心理”を勉強し、ニーズに応えようと自分を磨いている人が多いです。それに対し、「自分はもう変わらない」と決めてしまう男性がいるのは、ちょっと切ないものがあります。男性はプライドが高いので、変わるということは“至らぬ自分を認めること”、と思っている人もいるようですが、いくつになっても“向上心”を持てた方が、魅力的な男性になれるはずですよね?例えば、モテない、と思い込んでいた男性が、“女性心理”を学んで急にモテるようになったケースなど、世の中いくらでもありますよ。

そこで今回は、あえて多くの女性が「結婚してもいいな」と思う男性の特徴をご紹介したいと思います。「結婚してもいいなって…どうせ年齢とか、年収とかでしょ?」いえいえ、一番の本質はそこではありません。年齢や、年収より女性が大切と思うこと、もしかしたらそれは、男性が意外と気付いていないポイントかもしれないのです。

妻や、家族のための“人生設計”がある男性

婚活中の男性の中には、「今の自分を認めて欲しい」と願ってばかりの人もいますが、そこが女性には、一番「ないな…」と思うポイントになってしまう可能性も。何故なら、女性が結婚相手に求めているのは、“男として女性を幸せにしたい”と、一歩先を考えている男性だからです。自分のことで精一杯な男性は、どんなにカッコよくても、お金があっても、結婚対象として考えるのは難しいでしょう。

共働きをするにしても、“夫婦でどう助け合うか”を考えていたり、将来のため、今より収入を増やすためにはどうしたらいいか、を考えていたり…つまり、自分のことだけでなく、“家族の幸せ”がちゃんと念頭にあるかにつきるのです。例えば、いくら「自分の子供が欲しい」と言っても、女性にとって出産は命がけでもあります。もし、男性に子育てをする責任感や、プランがなければ、「この人と結婚するのは難しい」と思われてしまうでしょう。

イケメンより、“清潔感”がある男性

「女性はみんなイケメンが好き」と思うのは大きな間違い。「結婚する相手がイケメンだと緊張する」という女性もいます。それよりも、多くの女性が求めているのは、“清潔感がある男性”です。女性はニオイに敏感な人が多いので、入浴を怠っている男性がすぐにわかります。着ている服も、何日も洗濯していないとすぐ気づきます。清潔感がない男性は、女性から「生活を共にするのはキツそうだ」と思われてしまうのです。

特にこれからの季節、汗対策などをして身ぎれいにしていると、女性からは「周りに気づかいが出来る人」として評価が高まります。“婚活の場”ならなお更でしょう。結婚したいなら、男性はとにかく“清潔にすべし”、なのです。

女性に“気づかいが出来る男性”

立食の婚活パーティなどで、男が優先、とばかりに出された料理を平らげてしまう男性がいます。そのような男性は、婚活の場で積極的に食べられない女性の気持ちがわかりません。一方、「女性もきっとお腹がすいているはず」と気付き、「一緒に取りに行きませんか?」と誘ってあげられる男性は、「思いやりがある人」として注目されることになります。そういう男性こそ「結婚したら守ってくれそう」と女性から思われるのです。

女性に気づかいが出来ないと、「結婚しても苦労させられそう」と思われてしまうだけ。昔の男性は、それでもよかったかもしれませんが、今は、“結婚対象”から外されてしまうことの方が多いです。結婚したいなら、もっと周りに目を向け、女性にも気づかいが出来る人になりましょう。

曲げない男より、“柔軟性”のある男性

一昔前は、“自分を曲げない男”がカッコイイと思われる傾向がありました。かつては、そんな男性に黙ってついて来る女性が理想、と言われていたかもしれません。しかし今は、多くの女性が、志を“初志貫徹”することと、ワガママに近いこだわりが曲げられないのとは“意味が違う”ことに気付き、柔軟性に欠ける男性を敬遠する人が多くなったのです。

自然環境だけでなく、社会的にも変化の激しい時代において、今は男性にも“柔軟性”が求められています。自分の意向に多少沿わないことであっても、「それならこうしよう」と前向きに切り替えられる男性の方が、女性から「頼りがいがある男性」と思われる時代でしょう。

まとめ

男性によっては、つい「考えないでおこう」としてしまいがちなことを、女性は見ています。何故なら多くの女性は、苦労をするために結婚したいのではなく、“幸せになるために結婚したい”からです。

男性の中には、父親や、お祖父さんの時代の結婚観をいまだに持っている人もいますよね。「男は自己中心的でも、女が男に合わせるものだから……」と、どこかで思っていませんか?しかし、今は、そのような男性と結婚したい“若い女性”は殆どいません。

結婚したいなら、やはり男性も、“女性に気に入られるための努力”をする必要があります。「男がそんなことするなんてカッコ悪い」と思わずに、自分をどんどん磨いて、幸せを掴んで下さいね!

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。しあわせ研究家/コラムニスト/ヒーラー/美容整体師。ヒーリング・美容整体・ライフコンサルを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いているサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー他。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪