20代・30代・40代はどう違う?女性の世代別・婚活の傾向と対策

婚活はあくまで結婚を目的とした出逢いの活動。そのため恋愛とは違い「いつ始めるか」がとても重要です。

「結婚したいけど相手がいない。でもまだ婚活するのは早いかな…」と思っているそこのあなた!

そんなことを言ってると、本当に生涯独身になってしまうかもしれません!

そこで今回は、そんなあなたのために“しあわせ研究家”の筆者が2回にわたり、婚活における“年代別の傾向と対策”をご紹介します。

第一回目は、女性編。

女性にとっての婚活は、意識するべきことが年齢によって大きく変わって来ます。年齢が上がればそれだけ、現実を受け止める力が必要になるのです。

とはいえ、決して今からでも遅くはありません。結婚したい方に出逢いのチャンスがないのであれば、いくつであろうと迷わず婚活すべきでしょう。

ただし成功させるには、より冷静な視点が必要になることをぜひ知っていただきたいと思います。

最も有利な時期!20代女性の婚活

人生最大のモテチャンスを生かそう!

婚活での結婚には最高の適齢期。20代はすべての年代の男性から花嫁として最も求められる時期です。

そして、“高スペック男性”との結婚など、多少高めの理想でも叶う可能性がある時期。

実際に、20代で婚活を始めた女性の多くが「私がこんなにモテるとは…」と驚いているのです。

「恋愛経験がないので自信がない」という女性であっても、出来るだけ早く婚活を始めることでむしろモテる可能性が大いにあります。20代であれば、逆に恋愛慣れしていないことが魅力となるからです。

理想を叶えるなら、今が旬!

20代女性の中には、「やっと仕事が面白くなって来たから、婚活するのは早いかな」「まだ自由でいたいかも…」そう思っている方も多いですよね?

しかし、もしあなたがいつか「理想の男性と結婚したい」と思っているならその発想はとても危険。「30過ぎてから理想を叶えよう」などという考えでは甘過ぎます。

「会社には30代独身の女の先輩も多いし…」

そうかもしれませんが、理想の結婚がしたいなら周りの環境に流されてはいけません。会社はプライベートの幸せまで面倒みてくれませんよ。そして先輩の多くがいつか婚活で苦労することになることを知っておくべきです。

「カレはいるけど、結婚話をするといつもはぐらかされます」

そんな方も、関係をズルズル続けてしまうと危険!カレはまだまだ遊びたいのかも。だからちゃんと結婚出来るかわかりません。待っているうちあなたも30を越えてしまうでしょう。

女性は結婚こそ“旬のうちに”が大切なのです。“男性から最も求められる時期”だからこそ叶う幸せがあることを忘れてはなりません。

高スペック志向なら、迷わず結婚相談所へ

もしあなたが、すでに充分年収のある、あるいは将来有望な“高スペック男性”とのご縁を望むなら、中途半端な婚活で時間を浪費することなく、初めから手堅く“結婚相談所”に入会することをお勧めします。

恋愛に慣れていない女性が、無料の婚活サイトや、合コン的な婚活パーティで相手を見極めるのはとても大変。そもそも20代は人気があるのでいいも悪いも色んな男性がやってきてしまいます。

結婚相談所であれば、男性会員の年収や身元が確実に保証されていますから、理想的な男性を選べる上、仲人やコンシェルジュのサポートの元安心してお見合いすることが出来ます。

ただ、20代にとっては「入会金が高い」と思うかもしれません。しかし、一生の安泰を考えれば高くはないのです。親御さんに相談出来る人はそれもアリ。結婚相手としてモテる時期だからこそきっと投資の価値があるはずです。

20代でも“自分磨き”は必要

では、20代でありさえすれば、何もしなくても玉の輿に乗れるかといったらさすがにそうではありません。

お化粧もせず、ファッションに無頓着でボサボサ髪だったり、男の子のような話し方だったりするようでは、女性としての魅力を感じてもらえません。

20代だからこその美しさ・かわいらしさを表現できるよう、女性らしいメイクやファッション、立ち振る舞いや言葉遣いに気を遣いましょう。気になる人は健康的なダイエットもお勧め。お料理なども勉強しておけば男性にとって尚、魅力があるでしょう。

また、婚活においてはパンツスタイルより、清楚なワンピースやスカートの方が男性ウケがいいです。とにかくいかに女性らしくなれるかがポイント。

今、「可愛くなろう!」と努力するのは自分の未来の幸せのため。ぜひ楽しみながら頑張りましょう。

前半と後半で事情が変わる、30代女性の婚活

30代前半なら、後半に持ち越すことなかれ

婚活する多くの男性が結婚相手として望むのは、“安全に子供が産める年齢の女性”です。ここだけはぜひシビアに受け止めておきたいところ。

そのオーバーラインはだいたい35歳まで。それより若ければ若いほど越したことはないと言われています。

男性の希望がその年齢に集中する以上、30を越えたらもうのんびりしてはいられません!30代の婚活は、まずその認識から始まると言っていいのです。

もしあなたが30代前半ならとにかく急ぎましょう。「どうしよう…」と悩んでいるうち、「婚活なんてプライドが…」と躊躇しているうち後半に持ち越すことのないように。

時期を逃してからでは、仮に理想の男性がいたとしても年齢でマッチングしなくなってしまう可能性があります。

独身男性を既婚者と比較しないこと

女性が30を過ぎても独身でいると、何故か既婚男性からのアプローチが増えてしまいます。あなたも身に覚えはありませんか?

そして悪いコトに既婚男性は魅力的です。見た目に清潔感があり、アプローチが積極的で話し上手。そして仕事もデキるとなれば、つい落とされてしまう女性がいるのもわからないでもありません。

しかし、これが一生の命取りになる可能性があることを、30代の女性はよく知っておかなければなりません。

一番怖いのは、不倫にハマっているうち妊娠適齢期のオ-バーラインを越えてしまうこと。気づいたら相手は妻の元に帰り、自分は独身のまま取り残された…なんてことはいくらでもある話。

また、慌てて婚活しても、“女性に不器用な独身男性”を既婚者と比較し、物足りなく感じてしまう人が多いのです。

いいですか。既婚男性に清潔感があるのは、妻が身の回りの世話をしているからです。アプローチが積極的なのはフラれても帰る家庭があるから。会話が上手いのは妻から女性を学んでいるから。そして仕事がデキるのは守るべき家族がいるからです。

30代という大事な時期を不倫で無駄にすることなく、ぜひ早めに、あなたを一番にしてくれて、あなたがカッコよくしてあげられる独身男性を見つけに行きましょう。

30過ぎたら“してあげられる女性”になる

30代になったら、20代のような“お姫様願望”を手放すことがまず大切になります。

「男性から上げ膳据え膳、サービスしてもらいたい」という精神性では、若い子と比較された時、確実に負けてしまうでしょう。

必要なのは大人の女の魅力。男性の至らぬ面も「仕方ないわね」と許容する“懐の大きさ”を持つことです。

例えば、“デートのお店を女性が考えなければならない”といったことがあっても、いちいち腹を立てたりしないこと。

「女性に慣れてないのね」と流し、それより誠実であるか、思いやりがあるかといった男性の内面を見るようにします。

30代からは、してもらう女性から“してあげられる女性”に迷わずシフト。それが何より婚活成功の鍵となります。

30代後半からは、40代男性に目を向ける

30代後半からは、同世代の男性から選ばれる確率がどうしても低くなってしまいます。

だからといって悲観せず、いかに自分にニーズを感じてくれる男性に目を向けられるかが大切になって来ます。

例えば、40代半ばの男性から見たら、30代後半の女性は自分よりずっと若い女性ということに。そこには充分マッチングの可能性があるのです。

婚活する男性の場合、多くが“年下の女性”とのご縁を望む傾向があります。そのニーズをいかに冷静に受け止められるかで、結婚の可能性がグンと広がるでしょう。

理想の人より“協力し合える人”を探すこと

高スペック男性ばかりを探すといった婚活スタイルは、更にマッチングの可能性を狭めてしまいます。

30代後半になると、「こんなに待ったのだから相手もそれなりの人でないと」と言い出す女性もいますが、現実的に言えば、それは女性側の一方的な都合でしかありません。

男性も“それなりの人”なら、もっと若い女性を望もうとするのです。その事実だけは知っておいた方がいいかもしれません。

30代からの婚活、特に後半からは、男性のスペックばかりに目を向けず、いかに“協力し合える人”を見つけるかにかかっています。

例えばご自身にもキャリアがあるなら、年収はそこそこでも、社会で活躍する女性を受け入れてくれる“受容性の高い男性”を選ぶ、といった視点を持つことです。

そして実際には、30代後半でも充分子供は産めるのですから、望んでいる人は自信を失ってはいけません。かといって目前にタイムリミットが迫っていることも認識しておきたいところ。

これ以上年齢を重ねてしまわないよう婚活を急ぐこと、自分の年齢にニーズのある男性を探すこと。男性に対する許容範囲を広げること。その3つに尽きると思います。

こだわりを捨てる勇気が要。40代女性の婚活

「若く見えるから大丈夫」は通用しない!

「私、40代ですけど30代にしか見られないんです」今は、多くの女性が自分磨きをしているため、このようにおっしゃる女性も増えています。

しかし結婚前提となると、どうしてもシビアに見られてしまうのが実年齢というもの。

確実に子供を望んでいる男性は、なかなか40代女性には目を向けてくれません。実際には40代で妊娠出来る女性もいるのですが、多くの男性は「彼女、美人だけど40代だから避けておこう」と、リスクヘッジのため思ってしまう。

また、「もう40代なので、子供を望まない男性を」と希望する女性もいますが、婚活する男性の多くは、40代・50代でも子供を諦めきれずにいる人が多く、特に初婚の男性では数が少ないのが現状です。

それに子供を望まない男性が、女性が理想とするような“完璧な男性”とは限りません。

だから40代女性の婚活はこだわりを捨てる勇気が必要。初婚にこだわらない、相手の容姿を高望みしないなど、“こだわり”を手放すことから始まります。

また、40代の婚活はメゲずに諦めない精神と、根気強さが何より必要となります。ちょっとしたことで腹を立て、傷ついているようでは幸せまでたどり着けません。

ただ、今ならまだ頑張れるはず!でもこれ以上年齢を重ねてしまうと、いつか気力そのものが追い付かなくなる時期がやって来てしまいます。

40代の婚活は決して楽ではないかもしれない。でも、あなた自身の老後を含めた“一生の幸せ”がかかっています。取り組む価値は大いにあるはずです。

50代以上の男性や、離婚歴のある男性にも目を向ける

40代女性の婚活には工夫のしどころがあります。それは、男性の許容年齢を上げること。

これは、30代女性が40代男性に目を向けるのと同じことですが、40代女性が50代以上の男性に目を向けることで、相手からは「若い女性」として捉えてもらえるようになります。

男性も50代ともなると「子供は運次第でよい」と考えられるようになる人もいるため、マッチングとしては叶いやすくなります。また最近は50代でも若々しい男性もいますよね?

また、バツイチなど“離婚歴のある男性”に目を向けるのも可能性を広げる一手でしょう。

すでに元妻に子供のいる人であれば、再婚の子供は「運次第」と思っているか、あえて望んでいない可能性もあります。

またずっと独身だった男性より、離婚歴のある男性の方が、女性に対するコミュニケーション力やエスコート力がある人が多いのも見逃せません。

男性に“気遣い”を求め過ぎない

40代独身女性の多くは、口には出さずとも癒しを求めている方が多いです。

社会的にはキャリアとしての責任が増す一方、男性からは若い頃のようにチヤホヤされなくなるからです。

筆者もかつて40歳を越えた途端、周りの男性の反応が変わり寂しい思いをしました。だから40代女性の気持ちがわかります。

40代独身の女性の多くは、正直、男性から気遣われることに飢えている。その上、キャリアを重ねただけプライドも高くなってしまっています。

だからかもしれませんが、筆者はよく、まるでサービス業の男性がするような気遣いを、婚活相手に求めてしまう40代女性をお見かけします。

エスコートが不充分、あれこれ配慮をしてくれない、連絡が遅いなど、気遣いが感じられないとそれだけで傷つき、その男性を対象外にしてしまうのです。

最初から手厚くされたいと思う気持ちもわかりますが、ここは一旦冷静に考えてみて欲しい。

婚活中の男性にとっては、まだ本当に好きになるか、先々結婚するかどうかもわからない女性に対し、初めから全力で気遣いすることなどなかなか難しいことなのです。

そしてそんなことが出来るくらいなら、その男性はとっくに結婚しているでしょう。

しかし、初めはさほどでなくても、真剣交際や結婚が決まったとたん、女性に手厚くするようになる男性もいます。実は、婚活市場にはそのような男性が少なくありません。

恋愛市場には最初ばかりがよく、結婚後は女性を大事にしてくれない男性もいますから、それよりずっといいのではないでしょうか。

またもし男性が若い女性より40代女性を選ぶとしたら、“包容力と許容力があること・一緒にいてラクなこと”といった理由であることをぜひ知っておいて下さい。

大人の女性として、男性にしてもらうことより、“してあげられることは何か”を考えられるようになりましょう。

プロのアドバイスに耳を傾ける

これは40代に限らず、30を過ぎた多くの独身女性に言えることですが、「今の年齢で結婚するには、どんな意識で臨むべきか」をわかっていない女性が多いと思います。

それはすなわち、“若い頃の結婚の幻想”をいつまでも夢見る女性が多いということです。

しかし結婚は相手があること。「自分の理想を叶えたい!」だけでは成り立ちません。まして年齢が上がればそれだけ、若い頃の理想のままでは難しくなります。

だからこそ、婚活のプロのアドバイスや導きが功を奏します。それがあるとないとでは、結婚の可能性に大きな違いが出て来るでしょう。

40代ならなお更、“冷静な婚活”が必要。「私に出来るかな…」と不安のある人は、プロのアドバイザーが在駐する結婚相談所を選ぶといいでしょう。

おわりに

今や女性も、いくつになっても結婚が出来る時代。しかしそれには、それぞれの年齢に見合った考え方を持つ必要があります。

20代にはぜひチャンスを生かしていただきたいし、30代・40代なら大人としての婚活スタイルがあるでしょう。

婚活を成功させるカギは、今の年齢ならどうしたらいいのかを、客観的に考えてみることにあります。

現実を見据えつつも大きな希望を忘れずに、ぜひあなたに合う人生のパートナーを探してください。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー