「ピンと来る人がいない」と悩んでない?直感女子が結婚するために必要なこと

婚活が順調に行かない女性の中には「何人お見合いしてもピンと来る男性がいない」と訴える方がいらっしゃいます。

貴女は如何ですか?「それ、私のことだ」と思う方もいるかもしれません。

筆者は今まで、“ピンと来た人と恋愛しても結婚に繋がらない”、“婚活したらしたで相手にピンと来ない”といった女性のご相談を数多くお受けして来ました。

そういった女性は「直感を頼りにすればうまくいくはずなのに…なんで?」と悩んでいます。

そこで今回は“しあわせ研究家”の筆者が、“女性が男性の何にピンと来ているのか”を検証するとともに、直感女子が幸せを掴むためのヒントをご紹介します。

そもそも、“ピンと来る”とは何なのか

人に対して“ピンと来る”とは、まさに「この人とならうまく行きそう」と感じる直感です。

その感覚の多くが、“共感”によるものだと筆者は分析しています。

しかしその直感の中には、一方的な好みに偏っているものもあり、婚活においては囚われるとかえって相手が見つかりにくくなってしまうため注意が必要です。

「好みだからピンと来た!」は結婚に至りにくい?

「ピンときた!」と感じる要素にも色々ありますが、一般的に多くの女性が求めているのは、相手の見た目が自分の好みや理想と一致していることでしょう。

単純なところでは、顔が好み、背の高さが好み、ファッションが好み、といったもの。

ただ、“見た目が好み”という感覚は、あくまで一方的なもの。実際には、双方の好みが一致しない限りカップルは成立しません。

また、いくら見た目が好みでも「交際してみたら価値観が合わない」というケースなどいくらでもあります。

ですので、見た目にピンと来ることに囚われ過ぎてしまうと、「運命の人かと思ったのに違った」を繰り返すことになってしまうのです。

“結婚出来ない男”にピンと来てしまうのは何故か

もう一つ、男性に“ピンと来てしまう要素”として多いのは、雰囲気や対応が“ステキ“と感じるケースです。

女性が求める清潔感があり、エスコート上手な男性がその代表格でしょう。

でもその多くは“既婚者”か、彼女のいる“モテ男”ではないでしょうか。

既婚者の場合は、妻が夫の身なりを整えているので、当然“女性が好む清潔感”をまとっています。

日頃から女性のサポートを受け、女性が喜ぶことを知っているからこそ、他の女性から見ても印象が良いのです。

また、妻や彼女のいる男性はすでに別の女性とオーラが融合しているため、女性が心地よく感じるバランスの良さを持っています。

でも、そんな男性にピンと来てしまう女性は大変です。

不倫やセカンドなど不毛な恋を繰り返してしまうか、「いい男は皆結婚している…」と嘆くことになります。

婚活中に「ピンと来る人がいない」と訴える女性の中にも、この手の雰囲気の男性を探している方がよくいらっしいます。

一方、一般的な独身男性は磨かれていない原石と同じ。既婚者と同じようなバランスを持つ男性は滅多にいません。

しかし彼らも、結婚して女性のサポートが入ればガラリと変わる可能性がある。本来はここに着目すべきでしょう。

結婚したいなら他の女性によって仕上がった男性を求めるより、磨けば光る男性に目を向けたいもの。

同じピンと来るなら、「私がステキにしてあげられそう!」と感じることに焦点を当てるべきでしょう。

“ピンと来る人と出逢えない理由”を探ってみる

「感性の合う男性がいい」と思うタイプの女性は、共通の話題で盛り上がれる相手に“ピンと来る”ことが多いようです。

「そんな男性とも出逢えていない…」と思うなら、以下のことを見直してみるといいかもしれません。

もしかして、プロフィール上の“自分アピール”がぼやけてはいないでしょうか。

例えば、プロフィールがあまりに当たり障りなさ過ぎると、話の合う男性からは見つけてもらえません。

例えば、趣味欄にただ旅行、読書、映画・音楽鑑賞とだけ書いても、貴女の人柄はあまり伝わっていません。

同じ旅行でも、“温泉巡りが好き”、“海が好き”、“山が好き”、“歴史探訪が好き”などと、具体的な方が人となりをイメージできるため、話の合う人を引き寄せやすいのです。

読書や映画の場合は、どんなジャンルの本なのかや、どんな映画が好きなのかを記載した方が伝わります。

音楽も同じ。好きなジャンルやアーティストを明記した方が貴女の個性が伝わるでしょう。

また、好きなことを「どうせ人にはわかってもらえない」と思ってしまう方もいるようですが、それでは価値観が合う人がいたとしても貴女を見つけるすべがありません。

こういった点を見直しただけで“ピンと来る相手”と出逢えるようになった方もいますので、試してみる価値はあると思います。

結婚に繋がりやすい“直感”とは

もちろん直感の中には、結婚の決め手になりやすいものもあります。それは相手に“どこか自分と似たものを感じる”という直感。

婚活においては、“価値観が似ている”、“ペースや温度感が合う”といった共感が、将来を共にするサインとなることがよくあります。

人によっては、“身内の誰かに似ている”という共感が結婚の決め手になる場合も。例えば女性の場合、無意識に父親に似た男性を選ぶケースもあるようです。

「初めて会った感じがしない」という感覚は、自分や身近な人と似た資質が共鳴するからかもしれません。

しかしそれらは、相手を第一印象だけでなく、よく見ないと確信が持てないこと。初対面ですべて判断するのは難しいでしょう。

やはり何度かデートを重ね、様々な角度から人柄を確認しない限りは見えて来ないことだと言えます。

直感女子ほど“思慮深さ”が必要

直感型の女性は、それがご本人の持ち味で魅力でもあると思います。

しかし、起こる直感のすべてが幸せになれる反応とは限りません。ここが最大の問題です。

特に婚活においては、初対面での直感を過信しすぎてしまうと、安易な判断にもなり兼ねないので要注意です。

いくら「直感が冴えている」といっても、重要人物を選ぶ時は、瞬間的な感覚だけでは危ういと思います。

やはり現実をちゃんと見て、相手の内面の人柄や、将来性も加味してよく考えないことには、大事なご縁を見逃す可能性があることを知っておかねばなりません。

婚活で“直感力”を上げるためには?

かといって直感型の女性が「自分の直感を信じない」というのも、苦しいものがありますよね?

ならば、直感の精度をもっと磨き、頼れる直感にブラシュアップすることが必要ではないでしょうか。

では、婚活しながら直感力を上げるにはどうすればいいのでしょう?

それは一重に、前向きに対異性の経験値を積み重ねることだと思います。つまり、男性に対する情報量をもっと増やすのです。

それは、多くの出逢いから様々な男性のタイプを知ることで、逆に自分が明確になるからです。

自分がどんな男性ならマッチングしやすいか、結婚しやすいかもわかって来るでしょう。

そういった過程のすべてを“学び”と捉えられれば、直感の精度も上がって行きます。

目先の「ステキ!」よりも深い部分、その人の本質にもピンと来るようになるでしょう。

それは結婚のみならず、仕事などのあらゆる対人面にプラスの効果をもたらしてくれるはず。

婚活は活動そのものが立派な“自分磨き”。

直感女子ほど視野を広げていただき、よりステキな女性を目指してみては如何でしょうか。

しあわせ研究家・珠艶の『今週のハッピー・ヒント』

■ コロナに負けない!お見合いでオンナらしさを伝えるには

コロナ禍にもかかわらず、世は空前の婚活ブームとなっています。新しい生活様式を気遣いながらも、コロナ禍の上を行く「オンナっぽ作戦」で他の女子に差をつけてみてはいかがでしょう?

① 女性らしいマスク

使い捨て紙マスクも清潔でいいのですが、男性と会う時は淡いピンクやオフホワイト、ベージュの布マスクや、さり気ない刺繍の入ったマスクなどで女性らしさを演出するのもお勧め。最近は各アパレルメーカーからステキなマスクも出ていますので、貴女ならではの女らしさを演出してみては?

② 目で笑顔を表現する

マスクをつけて話す時は、目の表情が大きなポイントとなります。自分では笑っているつもりでも、目が笑ってない人って結構いるので要注意!早速鏡の前でチェックしてみましょうね。

③ 髪の手入れを意識して

マスクで口元が見えないと、どうしてもそれ以外で年齢を判断されてしまいます。特に気を付けたいのは髪。髪がぼさぼさだったり、傷んでいると老けて見えてしまう可能性が。髪型が重くならないようにしたり、毛先の痛みをケアするのは今だからこそ重要だと思います。

④ 明るめでオンナらしいトップス

こういう時だからこそ、明るめカラーや女性らしいファッションで男性を癒しませんか?お見合いでは基本、椅子に座っていますから、特に相手から見える上半身がポイント。きれい色や女性らしいトップスで男性の心を和ませてあげては如何でしょう。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー