後からもっと大変に…!?アラサー世代が「婚活」を諦めない方がいい理由

最近の婚活事情では、アラサー世代ほど婚活をすぐ諦めてしまう傾向が強いと言われています。

よく理由に出されることに「婚活してもいい人がいない」「結婚したいかわからない」といったものがありますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

アラサーに多い危険な“コンビニエンス婚活”

お金を払って結婚相談所に入会さえすれば、すぐに「理想の人と出逢える」と思ってしまう方が多いのも、アラサー世代の特徴かもしれません。

しかし婚活は、大切な人生のパートナーを探す活動。それによって、一生幸せになれるかどうか決まってしまう人もいます。

なのに、まるでコンビニで買い物するように「簡単に手に入るはず」と思ってしまう方が後を絶ちません。

本来、唯一のパートナーを得るということは、生きる糧を得るための仕事と同等、場合によってはそれ以上に重要なことです。

一度や二度のお見合いで“納得する人”との出逢いがないと、すぐに諦めてしまう人がいるのはとても残念なことだと思います。

アラサーは何故「結婚したいかわからない」と思ってしまうのか

最初のお見合いでつまずいてしまうと、「結婚したいかわからない…」と言い出す方が多いのも特徴かもしれません。

そもそも結婚したいから婚活を始めたというのに、どうしてそうなってしまうのでしょうか。

それは「大変な思いをしてまで結婚したくない」という気持ちが根底にあるからなのかもしれません。

人によっては「もう少し年齢が行ってからでも遅くないはず」と思う方もいるでしょう。

しかし本当に大変なのは、今ではなく、もっと年齢を経てからです。

そうお伝えすると「一生結婚したいと思わないかもしれないし…」と、おっしゃる方もいそうですよね。

確かに今はそう思うかもしれません。でも人間、先は本当にわからないのです。

歳をとるほど“人が結婚したくなる理由”とは

結婚相談所には、30代後半を過ぎてから慌てて婚活を始める方の入会が後を断ちません。

それはどうしてなのでしょうか?

一番の理由は30代後半になると、本能的に“子供を授かるタイムリミット”を感じるようになるからです。

これはもう、生き物としての本能としか言いようがありません。

筆者も、アラサーの頃はまだ「子供が欲しい」と強く思ったことはありませんでした。

それが、30代後半から急に欲しくて仕方がなくなったのです。

まるで「あなたは生き物としてそれでいいの?もう間に合わないのよ!」と、突き動かされているかのようでした。

そのような現象は多少年齢のずれはあっても、男女共に起こることだと思います。

しかし残念ながら、子供だけは一人でもうけることが出来ません。必ず異性のパートナーが必要ですよね。

だから適齢期を過ぎて慌てて婚活を始める人が多く、その中には、過去に一度婚活を諦めてしまった方も少なくありません。

アラサー以上に努力が必要な“アラフォーからの婚活”

しかし、アラフォーからの婚活は決して楽ではありません。アラサーより努力を要することだけは間違いないでしょう。

例えば、女性はアラフォーになっても“同世代の男性”を結婚相手に求める方が多いのですが、男性は逆に、うんと年下の女性を求める人が目立って来ます。

何故なら、年齢を経てから「子供が欲しい」と思うようになる男性がいるからです。「いいかげん親に孫を見せなければ…」と焦りを感じるようになるからかもしれません。

実際は女性が40代でも出産は可能なのですが、「よりリスクヘッジのために」と年下を求める男性がいるのも事実です。

もちろん男性の中には、女性の年齢にこだわらない方もいます。ただ、アラサーの頃よりは対象者が減るため、より根気強い婚活が必要となることだけは避けられません。

一人のままではいつか孤独が辛くなる

もう一つ、年齢が上がると結婚したくなる理由に「体力が衰えると孤独が辛くなる」という現実があります。

若い頃はそんなことをみじんも思わなくても、体力が衰えて来ることで、急に不安や寂しさを感じるようになります。

例えば女性なら、男性のようにバリバリ働くことが辛くなったり、家のことを何もかも一人でするのが辛くなる人もいます。

多くの人が「この先一人のままだったらどうなるの?」と現実を考えるようになります。

だからむしろ年齢が上がるほど「結婚したい!」という欲求は高まってしまうのです。

しかし、そこから結婚しようと思っても、もう若い頃のようには我儘が言えません。昔は男性にモテて、いくらでも願望を言えた方もです。

40代を過ぎてから「早く結婚しておけばよかった」と悔やむ人が多い背景には、誰もに訪れる事情があることを、若い人にはぜひ知っていただきたいと思います。

今が最大のチャンス!適齢期のうちに“いい人”を見つけよう

今年はコロナ禍の影響で多くの人が「結婚したい」と思うようになり、世の中は空前の“婚活ブーム”となっています。

今まで「自分は恋愛結婚する」と思い込んでいた人も、男女が出逢う場所や方法がなくなったことで、どんどん婚活に参戦して来ています。

中でも35歳までの方はまさに、多くの異性が求める“結婚適齢期”。諦めさえしなければ、いい人と出逢い、いい結婚相手を選べる可能性が高いでしょう。

そんな大きなチャンスを、簡単に諦めてしまうのは本当にもったいないこと!

特にアラサーの方は、今が最高のチャンスと心得、ぜひ後悔のないよう婚活していただきたいと思います。

しあわせ研究家・珠艶の『今週のハッピー・ヒント』

■ 若いうちに婚活した方が「楽できるコト」5つ

「結婚したいかわからない」と迷うアラサーの皆さま、実は、若いうちに婚活~結婚をした方が「楽できるコト」が多いことをご存知でしょうか?

① いいパートナーを選べる

記事にも書いた通り、女性はアラサーまでならまだ相手を選べる立場にあります。今が一番楽に婚活できるということです。

② 出産・子育て

早めの婚活・早めの結婚がもたらす最大のギフトは出産・子育てかもしれません。何と言っても子育ては体力勝負。つまり体力があるうち子供を産み育てれば先々楽だということです。また、親御さんも若いうちなら子育てを喜んで手伝ってくれるでしょう。年齢を経てしまうと、どうしても高齢出産や不妊治療のリスク、かかるお金も考えておかなければなりません。 

③ 住宅ローン

今婚活を頑張って早めに結婚すれば、それだけ長く無理のないローンを組むことが出来ます。マイホームも出来るだけ若いうちの方が様々な可能性が高まるということです。 

④ 老後の貯蓄

自分一人よりパートナーの収入も合わせた方が貯蓄もスムーズに出来ます。子供が独立した後に夫婦で楽しむお金も、若いうちからの方が計画的に貯蓄ができるはずです。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー