男が知っておきたい「4低」と「3強」って!?今ドキの女性が、結婚相手に望むこと

かつては“3高”と言われた男性の理想像も、時代とともに変わりつつあります。今ドキの女性が結婚相手の男性に望む理想は、“4低”と言われるのだそう。“低”と付くからには理想が低いのか?と思いきや、決してそうではありません。女性たちは、今の時代を生き抜くため、現実的な理想を男性に求めるようになったのです。

また、“4低”の次に来ると言われているのが“3強”なる理想。それはいったい、どんな男性を表現しているのでしょうか?多くの女性が求める理想は、社会現象でもありますから、男性も気になるところですよね。

そこで今回は、5,000件以上の結婚相談に乗って来た“しあわせ研究家”の筆者が、最近、メディアでも話題の“4低”、“3強”についてご紹介します。勿論、このような理想が、すべての女性に当てはまるわけではありませんが、やはり男性は、今後のためにも知っておいた方がよさそう。ぜひ一度、目を通してみて下さいね!

今ドキの女性が結婚したい男性、“4低”の定義とは

【低姿勢】“男尊女卑”でない男性

今は、殆どの女性が仕事を持っていますし、社会も男女平等化が進んでいます。そのため、若い女性であればあるほど、家庭においても「夫ばかりが偉そうにするのはおかしい」と思うのは当然かもしれません。低姿勢と言うと“弱い男性”のようですが、決してそうではありません。女性を下に見ず、“夫婦対等に付き合える男性”を、多くの女性が求めるようになった、ということなのです。

年下の女性と結婚を望む男性の中には、「年下の女性の方が言う事を聞きそうだから」と思っている人もいるかもしれませんが、今は、若い女性ほど“支配的な男性”を嫌がります。ですので、年下の女性と結婚したい人にこそ、“男女平等の意識”が必要な時代、と言えるでしょう。

【低依存】家事や子育ても分担出来る、“自立している”男性

今は結婚しても、男性並みに仕事を続ける女性が増えました。「仕事に生きがいがあるから…」という女性もいると思いますが、多くは、経済的な事情があっての共働きでしょう。しかし、一世代前までは、妻が仕事を持っていても、家事や子育も女性がするべき、と思われていました。そんな母親世代の苦労を見て来た女性の多くが、「それでは、女性の負担が大き過ぎる」と思いながら成長したのです。

ですので、今、働く女性に最も人気があるのは、女性にすべて依存せず、家事や子育ても率先して行う男性です。欧米など多くの先進国では、かなり前から、共働き夫婦が家事を分担するのは当たり前。日本もやっと追いついて来た、と言えるのかもしれません。

【低リスク】堅実な職種で、リストラの不安が少ない男性

これはまさに“世相を反映した理想”ではないでしょうか。最近の女性は、夢を追いかける男性より、より堅実で、安定的な仕事についている男性に魅力を感じるようです。それ故、リストラの不安が少ない“固い職業”の男性に人気が集まっています。

しかし、こればかりは女性の好みも分かれるようです。キャリアがある女性の中には、「自分が安定的な仕事をしているので、男性には出世を求めて冒険して欲しい」と思っている女性もいます。

【低燃費】お金を浪費しない男性

男性が趣味にお金をかけるとなると、案外女性以上にかかってしまうもの。一世代前までは、高級車を乗り回し、ブランド志向でグルメな男性ほど注目されていましたが、今の時代は、むしろ見栄を張らずにお金を使わない、堅実な男性に女性のニーズが集まっています。

ファッションも、ユニクロを上手に着こなすような男性に人気があるようですよ。

では、次に来ると言われる“3強”とは、どんな特徴の男性なのでしょうか?

次世代の理想形、“3強”男子の特徴とは

【生活力が強い】自分のことは最低限“自分で出来る”男性

4低の“低依存”に近いかもしれませんが、一人暮らし経験などから、自分のことは一通り自分で出来る男性を示します。妻に残業があっても、出張があっても、文句を言わない強さがある。女性が益々社会で活躍する時代に相応しい男性と言えるかもしれません。

【不景気に強い】景気に左右されない職業の男性

これも、4低の“低リスク”に通ずるものがあります。次世代も、男性の仕事に“安定”を求める女性が多くなりそうで、引き続き、景気に左右されない職業に人気が集まる傾向がありそうです。意味合い的に進化しているのは、男性にも、先々を考える“現実感覚”を求める、という点でしょうか。それも、“世の中を生き抜く強さ”と言うことになるのかもしれないですね。

【カラダや精神が強い】健康的でストレスに強く、病気のリスクも少ない男性

これは、今までとは違った新しい理想かもしれません。“草食系男子”など、繊細な男性とはある意味、真逆なタイプになります。これからのトレンドになるのは、ジムやジョギングで自らカラダを鍛えているような“健康的な男性”や、“ストレスに強い男性”です。その理由には「病気のリスクが少ない」ということもあるのかもしれません。自己管理能力が高く、ストレス社会を逞しく生きる男性に、近い将来、女性の注目が集まることになるでしょう。

まとめ

時代と共に、女性の男性への理想も随分変わって来ています。ですので、いつまでも一昔前の“男らしさ”にこだわっていると、あっという間にモテなくなってしまうかもしれません。もしアナタが、自分より“若い女性”との結婚を望んでいるのであれば、なお更、時代のニーズに敏感でいなければならないでしょう。

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。しあわせ研究家/コラムニスト/ヒーラー/美容整体師。ヒーリング・美容整体・ライフコンサルを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いているサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー他。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー