女性が愛されるには「可愛げ」が必要。でも、可愛げってどうしたら出来るもの?

イイ男に選ばれるためには、“可愛げ”が必要———。今まで何度となくお伝えしてきた男と女の真実。女性の皆さまのココロに、きっと響いているのではないでしょうか。でも、「“可愛げのある女性”になるって、具体的にどうすればいいのかわからない…」そうおっしゃる人もいるかもしれません。

そもそも可愛げとは何でしょう。それは、女性の“純粋さ”や“素直さ”にあると筆者は思います。男性は、素直な女性ほど「可愛いな…」と守りたくなりますし、「彼女は俺がいなければ!」と結婚したくなるもの。反対に、自我やプライドが邪魔して素直になれないと、特にイイ男から“結婚対象外”にされてしまうことが多いようです。

そこで今回は、5,000件以上の結婚相談に乗って来た“しあわせ研究家”の筆者が、女性が“可愛げを身に付ける方法”を具体的にアドバイスしたいと思います。これは婚活を成功させるための大事な要素でもありますから、アナタもぜひチェックしておいて下さいね。

女性が“愛される可愛げ”を身に付ける方法

(1)自分のダメな部分や、弱い部分を受け入れる

可愛げのある女性になるためには、まずは“等身大の自分”を受け入れること。そのためには、自分の“ダメな部分”や、“弱い部分”も素直に認めることが大切です。どんな人にも苦手なことはあるし、弱い面だってその人の“個性”ですから、卑屈になる必要はありません。それよりも「わたしダメな所もあるけど、頑張ってるよね」とありのままの自分を愛せるようになりましょう。そうすれば、男性の前でも素直に自分を見せられるようになりますよ。

男性は女性に、完璧であって欲しいとは望んでいないのです。むじろちょっとドジだったり、か弱かったりして、助けがいがあることの方がずっと重要。つまり、男性に対し「欠点を突っ込まれたくない!」と意地を張り過ぎるのは逆効果ということです。

(2)男性の言葉を“自我”で跳ね返さない

自我の強いタイプの女性は、男性の言葉を素直に聞けず、つい屁理屈で返してしまいます。しかし残念ながら、これが最も“可愛げのない女性”の典型。その場で言わないにしても、心の中で常に反発している女性も同じでしょう。勿論、「本当にあり得ない」と思うことまで受け入れる必要はありませんが、日ごろから男性にカチンと来ることが多い女性は注意しておいた方がいいかもしれません。

男性から愛されたいのなら、ある程度相手に合わせてあげる優しさや、柔軟性が必要なのです。「今は解ってもらえなくても、そのうち解ってもらえるわ」といった“待つ姿勢”や、「このぐらいは、まあいいか…」という“スルー力”も大切です。女性の魅力を“母なる海”に例える文豪もいますが、男性が求めているのはまさにソコなのです。

(3)何事も純粋に、一生懸命取り組む

真っ直ぐで一生懸命な女性には、どこか“可愛げ”があるため、男性は「危なっかしくて見てられない!」と手を差し伸べたくなってしまうのです。そんな女性が、もし外見も好みのタイプだったら、男性は間違いなく放っておかないでしょう。

反対に、「○○になるのが嫌だから」と自分を省エネしがちな女性や、「損をしたくないから」と明らかに計算高い女性に、男性は“可愛げ”を感じません。それは「俺がなくても、自分のことは自分で守れそう」と思うからです。

(4)男性に偏見を持ったり、“上から目線”にならないこと

「女子会は男性のバッシングで盛り上がる」という独身女性は要注意。女性同士の共感は、時にストレス解消にもなりますが、不満や悪口が増長されることで、男性に対する“ネガティブな偏見”ばかりが出来てしまう可能性もあります。

最も良くないパターンは、男性に対する不信感が旺盛になり、「男なんかどうせ…」と半ばバカにするようになってしまうこと。それではまさに、“可愛げのないオンナ”まっしぐら。幸せになれるどころか、男性から敬遠される女性になってしまうでしょう。

(5)男性に“素直に頼れる女性”になる

何でも男性に依存し過ぎるのも問題ですが、最近は「男性に素直に頼れない」という女性も増えています。アナタはどうでしょうか?

「だって頼れそうな男性がいないから」と言いたい女性もいるかもしれませんが、男性は頼ってあげてこそ、“頼りがいのある男”に成長するもの。最初から諦めてしまっては元も子もありません。

男性は、女性から頼られると「彼女は俺がいないとダメなんだ…!」と自信を持ち、「頼って来るなんて可愛いいな」と女性が愛おしくなります。勿論、あまりに負担が大きいことを頼られては男性も引いてしまうでしょうが、自分の出来る範疇であれば、頼られることは“男の喜び”なのです。

「男に頼るなんてくやしい」と思う人は、幸せのためにそんなプライドは捨てましょう。「本当は頼りたいのに、“自分でやらなくちゃ”と遠慮してしまう」という女性は、自分一人で背負うのではなく、負担を少しでも男性に分けるようにして、彼らにも“やりがい”を与えてあげましょう。そうしないと、ただ男性を甘やかすこととなり、結果、自分が苦労してしまう可能性もあります。

如何でしたか?

男性が女性に“可愛げ”を感じる時、男性特有のレスキュー魂や、保護本能が発動し、自尊心が満たされています。それってとても男性的な満足の感じ方。つまり、女性が余計な意地を張らず、素直に可愛いいままでありさえすれば、それで充分なのかもしれません。

最近は、女性であってもプライドの高い人や、自我の強い人が多くなっています。社会に出て以来「男に負けるな」とあおられ頑張って来た人もいるからでしょう。でも「結婚したい」と願っているからには、本質には女性らしく可愛いアナタがいるはず。そこをもっと素直に純粋に、男性の前で出してみるのもイイかもしれませんね!

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。しあわせ研究家/コラムニスト/ヒーラー/美容整体師。ヒーリング・美容整体・ライフコンサルを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いているサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー他。

しあわせ研究家・珠艶の『今週のハッピー・ヒント』

■ えっ!これも冷凍出来ちゃう?秋の食材の保存法

食欲の秋は、料理の腕を振るうのが楽しくなりますよね。でも、一人暮らしだとどうしても食材があまりがち。そんな時便利なのが冷凍保存。お肉や魚は定番ですが、実は野菜も冷凍しておくと便利。今回は、冷凍出来る秋の野菜をご紹介。

① キノコ

秋はキノコが大活躍。しめじやエノキは、生のままばらして、保存袋(ジップロックなど)に入れ冷凍が可能。実は、キノコは冷凍すると旨味が凝縮します。使う時は凍ったまま炒め物や煮物などに使います。保存期間の目安は一か月。

② 茄子

秋になると茄子が美味しい♡こちらも生のまま冷凍が可能です。輪切りか乱切りにした茄子の水気をふき、保存袋に重ならないように入れ冷凍します。使う時は凍ったまま炒め物などに。こちらも一か月を目安に使いましょう。

③ かぼちゃ

ほっくり美味しいかぼちゃは、軽く火入れしてから冷凍します。適当な大きさにカットし、ラップをして電子レンジに5~6分かけ、冷めてから保存袋に入れ冷凍を。あらかじめ潰しておけばスープやサラダなどに便利です。やはり一か月ほどで使い切るようにしましょう。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー