【around50の婚活講座】諦めないで…!アラフィフで「結婚する女性」はこう婚活する

独身を貫いて来た女性も、40代後半ともなると、「わたしの人生、本当に一回も結婚しなくていいんだろうか…」と悩むことが増えるのではないでしょうか。

“しあわせ研究家”の筆者の元には、この年代の女性が悩みを打ち明けに、数多くいらしています。

「この歳になれば、結婚が不利になるのも、相手候補も少ないのもわかってるんです。だからと言ってこのまま諦めちゃいけない気がして。今は、バツイチ男性も増えているし、これからの方がチャンスが作れると思うんです」(宮城県在住女性 A・Oさん 48歳)

「そうよ、諦めることなんかないわ!」筆者もそう思います。チャレンジしたいことを諦めしまったら、後悔が残るだけ。

それならば、勇気を出して結婚の可能性にトライした方が、きっと納得する人生が送れるはずです。

そこで今回は、自らも40代後半で結婚した“しあわせ研究家”の筆者が、アラフィフの独身女性に、結婚の可能性を高めるための方法をアドバイスします。

「諦めたくない…!」と思う女性は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

年齢を受け入れ、結婚への“強い意思”を持つ

年齢が上がれば上がる程、結婚が不利になり、難しくなるのも事実です。だからこそ、「必ず結婚する!」と言う強い意思で婚活に望まなければ、生涯のパートナーに巡り合うことは出来ません。

そのためには、積極的に相手探しをしつつも、絶対に焦らないこと。少ない対象者の中から、自分に合った相手を引き寄せるには、じっくり腰を据えて婚活する必要があります。

また、厳しいことを言うようですが、ちゃんと結婚したいなら、若い頃の夢見るような“恋愛観”だけは手放して下さい。特に昔、男性からちやほやされた経験がある方は、どうしても男性の理想が高くなってしまいがち。しかしそれでは、益々、結婚が“非現実的”になってしまいます。

確実に結婚するためには、まず年齢を受け入れること。高望みせず、第二の人生を寄り添えるパートナーを探すようにしたいですね。

“アンチエイジング”に取り組む

今から結婚したいなら、アンチエイジングはどうしても必要です。何故なら男性は、女性の見た目を重視する傾向があるからです。

ゆえに、結婚前から「アンチエイジングなんてお金がかかるし…もう、ありのままでいい」と、思ってしまっては、男性から結婚相手の候補にしてはもらえません。

おススメのエイジングポイントとしては、顔のシワやたるみのケアやシミ対策です。体型が気になる人は、健康管理のためにも、健康的なダイエットや、運動を心がけましょう。

アラフィフになると髪にも年齢が出るので、カラーリングや、トリートメントにも気を使いましょう。

そして何より、“気持ちを若く保つこと”です。気持ちが若い人は、それだけでイキイキとしたオーラになり、年齢を感じさせない魅力を発することが出来るのです。

大人の女性として、“中身の魅力”を磨く

多くの男性は、若い女性が持つ“見た目”や、出産などの“身体能力”に魅力を感じています。

ですので、アラフィフ女性は、それを上回る“中身の魅力”を身に着けなければ、まず勝ち目はありません。そこで、自分の“中身の魅力”のチェックポイントをお伝えします。

  1. ネガティブな発言や、オバサンのような発言、逆に子供っぽい発言を、無頓着にしない
  2. 過去の苦い経験も前向きに消化し、ポジティブに生きる努力をする
  3. 自分に等身大の自信を持ち、かつ謙虚に“自分を見つめること”が出来ている
  4. 自己実現だけでなく、他人の幸せも考えられている
  5. 男性に対し、許容力がある。男性の“いい所”を褒め、プライドを立てることが出来る

如何でしょうか?意外と難しいかもしれませんが、こういうことが出来る女性は、いくつになってもモテるのです。

アナタも、ぜひ一つからでも心がけてみて下さいね。

地元密着型の、“結婚相手紹介サービス”を利用する

アラフィフになると、職場など、日常から結婚相手を見つけ出すのが、困難になります。

ですので、結婚願望がある男性と出会うには、お見合いをコーディネイトしてくれる“結婚相手紹介サービス”を利用するのがおススメです。

アラフィフともなれば、女性にも長年の仕事があるはず。ですので今更、住む地域を変えることは難しいかもしれません。それ故、婚活をするのであれば、地元密着型の会社に相談した方が賢明でしょう。

“自立した考え方”で婚活する

よく、難しさを感じるのは、「わたしだけでなく、親の介護も引き受けて欲しい」と結婚を希望する女性です。

勿論、ご本人がよほど魅力的な女性であれば、そうしてくれる男性がいないとは言いません。しかし多くの場合、それは簡単ではないのです。

高齢の親御さんを抱えている人は、ご兄弟にも協力を求めておきませんか?もし自分しかいないようであれば、プロの手を借りることも視野に入れておきましょう。

女性だって、もし男性から「姑の介護をしてくれることが前提」と最初から言われたら、ひるみますよね?

逆に言えば、「高齢の親がいるから結婚出来ない」と諦めてしまう必要もない、と言うことです。兄弟に協力を求めたり、プロの力を借りるなどすれば、結婚の可能性は充分作れます。

実家に残された人ほど、独身が多い時代ですが、今からパートナーを見つけておけば、将来、孤独になることを避けられます。人生最後は、夫婦二人きりになります。

それを見越して、自立した考え方のもと、相手探しをしてみませんか?

バツイチなど、“離婚経験者”も候補に入れる

現代は、3カップルに1組が離婚する時代。だとすれば、初婚の男性だけにこだわるのは、これからの時代は“ナンセンス”です。

アラフォー以上の婚活において、むしろ“離婚歴のある男性”の人気が高まっているのをご存知でしょうか?

その理由として、先妻に子供がいる場合、再婚する女性には子供を望まない場合がある、ということや、一度結婚した経験から、女性の接し方に慣れている、ということ、また、離婚を教訓に、“今度こそ最後まで添い遂げる”覚悟している人が多いこと、などが上げられます。

地方によっては、まだまだ初婚の男性にこだわる女性も多いようですが、その考え方は、そろそろ限界と言ってもいいかもしれません。

元々対象者が少ないアラフィフ婚活は、何より広い視野での相手探しが必要なのです。

一歳でも若いうちに、婚活をスタートさせましょう

女性の婚活は、一歳でも若いことに越したことはありません。「親の面倒を見てから」「仕事が一段落してから」などと言っていては、どんどん歳をとり、益々結婚が難しくなってしまうでしょう。

一日も早く婚活をスタートさせ、いい人が見つかってから、結婚後のライフスタイルを、お互いの現状を考慮した上調整してもいいと思いませんか?

例えば、一人暮らしが長い人や、親と同居が長い人にとっては、いきなり若い人と同じ結婚生活がベストとは限りません。中には、少しずつ夫婦の同居に慣れるため、週末婚からスタートする人もいます。

このように、第二の人生のパートナー選びは、世の中のセオリーだけに囚われず、柔軟な考え方を持つことも必要かもしれません。

諦めずにチャレンジし「可能性」を広げることが大事

如何でしたか?

一般的に、アラフィフ以降の婚活は簡単ではない、と言われていますが、考え方次第でもっと可能性は広がるはずです。

そう、一人ひとりが「結婚したい」気持ちに従って可能性を広げて行かないと、この先、社会に独身者ばかりが増えてしまうでしょう。

結婚は、“愛”と“幸せ”を学べる素晴らしい経験です。アナタも、一度しかない人生、諦めずにチャレンジしてみませんか?筆者も、諦めずに結婚して本当によかったと思っています。

多くの女性に、年齢に関係なく「自分の可能性を信じて欲しい」と心から願います。

合わせて読みたい記事はコチラ♪

本気で結婚したい40代、シニア世代必見!それぞれの婚活スタイルを徹底解説

2017.12.07

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ、しあわせ研究家/コラムニスト/ヒーラー/美容整体師。ヒーリング・美容整体・ライフコンサルを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いているサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー 他。

 

無料でマッチングシミュレーションも!
婚活1日体験プレゼント!

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションも体験できます!
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪