【知っておきたい男の心理】アナタは大丈夫?男性に「結婚相手にはちょっと…」と思われる女性の特徴

婚活中の女性は、一生懸命自分を磨いている女性が多いです。仕事を頑張る以外にも、エステに通い、ダイエットし、涙ぐましい努力をしている人もいますよね?それも大切なことなのですが、男性が、婚活パーティなどの出会いの場で「この子、奥さん候補になるかな?」と判断するのは、少し違うところにあるようです。

今回から、新シリーズ【知っておきたい男の心理】を定期的に連載します。専門サイトや本などで“男性・女性の脳の違い”を勉強している女性も多いと思いますが、ここでは、女性の見解で“恋愛・結婚における男の心理”を分析し、ご紹介して行きたいと思います。女性にとっては更にわかりやすく、腑に落ちるところがあるかもしれません。

そこで今回は、5,000件以上の恋愛相談に乗って来た“しあわせ研究家”の筆者が、男性が「結婚相手にはちょっと…」と対象外にしてしまう女性の特徴をご紹介します。女性は「こんなに自分を磨いているのだから…!」と思うかもしれませんが、男性は、女性の見た目やスキルと関係ない所で判断していることが多いので、ぜひチェックしておいてくださいね。

男性に「結婚相手にはちょっと…」と思われる女性の特徴

どんな男性も、美しい女性とは「一度は話してみたい」と思います。しかし、本当に判断しているのはその先です。どんなに美人で、学歴やキャリアがあっても、これからご紹介するような女性は男性から「結婚は無理だな…」と思われてしまう可能性があります。

(1)会話が続かない女性

会話が噛み合わず、続かない女性とは「関係を発展させるのは難しい」と思うしかありません。例えば、「休みの日、どんな所に行くんですか?」と聞いても「……最近、特に出かけないですね」と言われたらそこで話が終わってしまいます。「趣味は何ですか?」と言う質問に「……えっ何だろう……」と悩んでしまうと、「聞いたら失礼だったかな」と感じさせてしまうでしょう。

結婚相手の候補になる第一歩は、会話のキャッチボールが続くこと。つまり、“話しやすい人”になることです。これは男性も女性も同じかもしれませんが、楽しい会話が続けば、“自分を受け入れてくれる人”と判断が出来、そこから関係の発展や、結婚生活をイメージして行けます。

自分のことをうまく言えない人は、自分の“内観”が足りません。又は、「人からどう思われるか」と気にし過ぎてしまっている可能性があります。自分の好きな食べ物や、好きな色、行きたい場所や好きな場所、楽しいと思うことや得意なことは、ノートなどに書き出し、自信をもって話せるようにしておきましょう。

(2)“キツイ物言い”をする女性

男性は女性が思う以上に繊細です。ですので、批判的で、キツイ物言いをする女性には「この女性に近づいたらダメ出しされそうだ」と思う人が多いのです。例えば、婚活パーティなどで「今日、太ってる男の人多いですよね」なんて発言をすると、「厳しそうな女性だな」と思われてしまうでしょう。一般的に男性が「いいな…」と感じる女性の話し方は、やわらかく女性らしい言葉で、他人に対する優しさを感じる話し方です。

(3)“否定的な言葉”が多い女性

男性は、女性から“否定的な言葉”ばかりが返って来るとげんなりしてしまいます。例えば、お食事を勧めても「ダイエット中だからいいです」「お肉は食べられないんで」とばっさり断ってしまったり、会話中「でも…」「だって…」を連発する女性に対しては、「これは、めんどくさい女性だぞ」と感じるのです。

(4)“高飛車な態度”の女性

女性の態度が高飛車だと、怒りを感じてしまう男性もいます。例えば、男性の前でキャリアを自慢したり、上から目線な話し方だったり、職業や年収で人を値踏みするような気配があると、それこそ「結婚相手には無理!」と思われてしまうでしょう。

頻繁に女子会をしている女性は、男性の愚痴を言い合うことが多いため、その延長線上で批判的な物言いになってしまっている場合があります。また、お母さんのお父さんに対する愚痴を聞き過ぎている女性も、男性を見下すような話し方になってしまうこともあります。高飛車な人は、往々にして自分が高飛車であることに気が付きません。婚活中の女性は、充分注意しておきましょう。

(5) “スキ”がない女性

よく、“スキが無い女性は彼氏が出来にくい”と言いますが、これは本当です。何故なら女性にスキが無いと、男性は「グッとくるものを感じない」と判断してしまうからです。男性が女性にグッと来るためには、「彼女に何かしてあげたい」と思えることが必要。それなのに、女性のガードが固すぎては「俺が近づく余地はない」と思われてしまうでしょう。

つい、自分のスキを無くしてしまう女性は、「常に優等生でいなければ」と思い過ぎているか、“男性に警戒心があり過ぎるか”のどちらかでしょう。でも、婚活などプライベートな出会いの場で、女性は優等生である必要はありません。むしろ、ちょっとずっこけているぐらいの方が、男性からは「守ってあげたい」と思ってもらえますよ。

(6) お金がかかりそうな女性

会話の中に、お金がかかりそうな話題が頻繁に出ると、一般的な男性はまず引いてしまいます。「年に一度は海外旅行をしますね」「お買い物は、よく銀座まで行きます」「有名な〇〇先生の会が、ホテルのレストランであるのでよく行くんです」このような、女子会では自慢話になりそうな話題も、婚活においては言い過ぎに注意した方がいいかもしれません。

まとめ

男性に「彼女は結婚対象になるかも…」と思ってもらうためには、会話や態度がとても重要だということがわかります。つまり、女性は学歴やキャリアより、“優しさ”や“付き合いやすさ”で見られることが多いのです。最近、女性が強くなっているため、「女性に何を言われるか…」を恐れて、自分から積極的に話しかけられない男性も増えています。それを「勇気ないのね~」と言うのは簡単ですが、女性も、男性にとって“話しやすい人”になる必要があるかもしれませんね。

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。しあわせ研究家/コラムニスト/ヒーラー/美容整体師。ヒーリング・美容整体・ライフコンサルを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いているサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー他。

 

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー