無意識に発動…?現代女性の婚期を遅らせる、やっかいな「心癖」とは?

筆者は今までに、「一日も早く結婚したい気持ちはあるんですが、この歳までうまくいかなくて…」と悩む女性たちのご相談に沢山乗って来ました。そんな女性は、見るからにモテないワケではありません。人並み以上に綺麗な女性も多いのです。

しかし、よくよく話を聞いてみると、彼女たちには「それだと、益々婚期が遅れちゃうよ…」と思うような“心癖(こころぐせ)”があることがわかります。もしかすると、本人はよかれと思ってやっていることかもしれません。でもそれが、“自分で自分の婚期を遅らせる”という残念な結果に繋がってしまっているのです。

そこで今回は、5,000件以上の結婚相談に乗って来た、“しあわせ研究家”の筆者が、現代女性の婚期を遅らせる、象徴的な“心癖”をご紹介します。アナタも思い当たることがあったら、一つからでも見直してみて下さい。それだけで、婚期がグッと早まるかもしれませんよ。

結婚出来そうな人は断り、ハードルが高い人を追いかける

「なかなか結婚出来ない」と悩んでいる女性の中には、過去にプロポーズを断った経験がある人もいます。「その時、仕事の方が面白かったから」という人もしますし、「もっといい人がいるんじゃないか、と思ってしまったんです」という人も。断ってしまったことを今になって後悔している女性も少なくありません。

そんな女性は、「相手が…というより、自分から追いかけないとダメなんです」という人が多いのです。こういった女性が増えているのは、元々の気質だけでなく、現代女性が男性的になり“能動性”が強くなった表れのように思います。中には、結婚出来そうな男性は断って、ハードルの高い男性ばかりを追いかける女性もいます。これは、女性らしい“受容性”が足りなくなったせいかもしれません。

女性は本来男性から愛されて結婚した方が、幸せになれる可能性が高いと言う人もいます。「自分がこうしたい」が強すぎるタイプの人は、“素直に愛を受け入れること”について一度考えてみてもいいでしょう。

自分の力を“出し惜しみ”する

プライドの高い独身女性からよく出て来るのが、「男にがっついてると思われたくない」という一言。それ故、気になる男性に対して“一生懸命になること”に、いつもブレーキを踏んでしまいます。しかし男性は、ちゃんと自分に向かってこない女性を「可愛いな」とは思ってくれません。

プライドが傷つくことを怖れて、“自分の力を出し惜しみしてしまう女性”は、今の社会に非常に増えていると思います。でも、一生懸命さがない女性は、男性から“可愛げのない女性”と思われてしまうだけ。それなのに、このタイプの女性ほど自分からは動かず、男性からのアプローチを待っています。それでは、相手が見つからないもの仕方がありません。

確かに一時は、「尽くすオンナは損をする」などという情報が出回った時期もありました。だからといって、自分を“出し惜しみ”するのはかなりの勘違い。それでは男性に追いかけてもらえるどころか、ただ“お高く留まってる”ように見られてしまうでしょう。

“素直で一生懸命なこと”は、女性にとって見た目以上に大切なこと。特に“イイ男”に選ばれ、妻として大切にされているのは“何事も一生懸命な女性”であることを知った方がいいでしょう。「わたしも、出し惜しみするタイプかも…」と思う人は、目の前のプライドに負けることなく、“可愛げのある女性”になるよう意識してみましょう。

自分磨きにハマり、“こだわり”を増やしてしまう

「“自分磨き”にハマっていると安心する」という声を独身女性たちからよく聞くのですが、コレが婚期を遅らす原因になってしまうケースもあります。特に、美容やダイエット、食に関することには注意が必要かもしれません。

まだ、どんな男性と結婚するかわからない婚活中は、出来るだけ、何でも受け入れられるようにしておいた方が無難。もしもデート中、「これは太るから食べられない」「〇〇はカラダに悪いから食べない」といちいち神経質になられたら、男性は、その女性から楽しい結婚生活をイメージ出来るでしょうか?

デートで男性と楽しく過ごすため、水面下で行うダイエットや健康管理ならわかるのですが、それが、他人に合わせられない“こだわり”になると別問題。でも、気付かぬうちにそうなってしまう女性、案外多いんです。それどころか、ハマり事をどんどん増やし、更にこだわりだらけになろうとする人もいます。

結婚したいなら、出来るだけ柔軟に自分の“許容範囲”を広げておく必要があります。アナタも「あれはダメ、それもダメ」になっていませんか?どんなに痩せてスタイルが良くなっても、男性から「彼女、めんどくさそう」と思われてしまっては意味がありません。

男性に対して“批判的”

「結婚したい…」と思っているのに、男性をなかなか肯定しようとしない女性もいます。そういう女性は、ちょっとした欠点を見つけては、男性を批判をしてしまいがち。「服のセンスがイマイチ」「話が面白くない」「メールの送り方がなってない」などと、常に文句ばかりを並べています。

そういった女性は、“男性から愛される自信がない”という特徴があります。だから相手に突っ込まれる前に、自分から批判しようとしてしまうのです。半面、過剰にちやほやされないと自信が持てない人が多いのも、批判的な女性の特徴です。しかし、それではなかなか相手が見つからず、婚期はどんどん遅れてしまうでしょう。

つい批判的になりがちな女性は、とにかく、男性のいい所を見る訓練をしましょう。自分が相手を肯定すれば、相手も肯定してくれます。また、いい面を見るようにすれば、その男性はアナタに対し、どんどん「いい人になろう」と努力してくれるものです。

“自分の都合に当てはまる人”を探そうとする

「結婚相手が見つからない」と悩む女性の多くは、“自分の都合に当てはまる人”を探しています。例えば、結婚したら仕事を減らしたいから年収〇〇以上の人、今の仕事を辞めたくないから転勤のない男性、親元を離れたくないから実家の近くに住んでくれる男性、など、“男性が自分の都合に合わせてくれること”ばかりを考えてしまうのです。そうせざるを得ない事情がある人は別として、自分のこだわりで対象者を狭めてしまうのは、実にもったいないことなのに。

これだけは言えるのですが、結婚は“新しい人生のスタート”です。ある程度は変化に対応する覚悟がないと、結婚すること自体難しくなってしまうかもしれません。また、いくら男女が平等になったと言っても、女性が男性に合わせる気持ちが全くないようでは、“仕事がデキるタイプの男性”との結婚は難しいでしょう。もし、女性に100%合わせてくれる人がいたとしても、“頼れる男性”かどうかは別。やはり、何もかも思い通りになる人を探すのは無理があるのです。

如何でしたか?

人の気持ちや、事情を受け入れることが難しくなってしまったり、自己中心的な視点しか持てなくなってしまうことが、女性の婚期を遅らせる原因になってしまうようですね。結婚したいなら、“人に合わせられること”や、“自分を守り過ぎないこと”が実は大切。「わたし、やってしまっているかも…」と思う人は、考え方や視点を少し変えてみては如何でしょう?もしかしたらそれだけで、幸せの引き寄せが動き出すかもしれません!

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。しあわせ研究家/コラムニスト/ヒーラー/美容整体師。ヒーリング・美容整体・ライフコンサルを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いているサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー他。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー