早めの決断が幸せを招く。今すぐ「婚活」を始めた方がいいのはこんな人!

「結婚したいけど、相手がいない」そうお悩みの方の中には、「やっぱり婚活しなくちゃならないのだろうか…」と躊躇している人もいるはず。

悩む度、「そのうち考えればいいか」と後回しにしていませんか?

しかし、二の足を踏んでいるうち歳を取ってしまい、結局、生涯独身を覚悟せざるを得なくなった人も少なくないのです。

今回は、そうなる前にぜひ知っていただきたい“結婚の現実”と、今すぐ婚活を始めた方がよい人の特徴をご紹介します。

これが現実!年齢が上がるほど“相手選び”が困難に

世の中晩婚化が進んでいますが、だからといって「自分も大丈夫」と安心するのは決してお勧めできません。

何故なら年齢が上がれば上がる程、理想の相手を選べなくなるからです。

日本ではまだまだ、男性は女性の年齢を気にします。それは、多くの男性にとって“結婚=子供を持つこと”だから。つまり、アラサーになったら女性はのんびりしていられません。

また、「自分より出来るだけ若い女性を妻にしたい」と願う男性が、未だに多いのも事実なのです。

反対に女性も、パートナーには「出来るだけ長く働いて欲しい」と願うため、いざ結婚となれば、男性があまり年上でないことを望みます。つまり、「男はいくつになっても好きに女性を選べる」と思うのは勘違いだということです。

つまり男女ともに、一歳でも若い方が結婚するには有利だということ。アナタも年齢によっては、悩んでいる暇はないかもしれません。

手遅れになる理由は“恋愛至上主義”

「もう一生独身かもしれない…」そう諦めを感じている人の中には、「わざわざ婚活するなんて…」とプライドが抵抗しているうち歳を取ってしまった、という人が数多くいます。

そのような人はもしかすると、“恋愛結婚”が一番良いものと思い込んでいて、「それが出来ないのはカッコ悪い」と思ってしまっているのかも。

でも、周りに対象者もいないのに、“恋愛結婚”だけにこだわるのはとても危険。それこそ出逢いのチャンスがないまま、婚期を逃してしまうでしょう。

また、恋愛結婚が果たして本当に一番なのか、その前に“自分に合っているのか”を考えてみた方がいいかもしれません。

早く気付こう。“恋愛結婚”に囚われるのはもう古い!

“恋愛至上主義”を一般化したのは、“団塊の世代”や“バブル世代”。彼らがそれまで親同士が決めるお見合いが中心だった日本の結婚事情を、「自由恋愛こそかっこいい」という価値観に変えたのです。

しかし更に時代は変わり、今の若い世代はむしろ「結婚はしたいけど、恋愛にはさほど関心がない」という人も増えています。

そう、「みんなが恋愛結婚するべき」という考えはいわば一時のブームのようなもので、囚われ過ぎると逆に自由を奪われてしまうのです。

本来は、恋愛であろうと、お見合いであろうと、プロセスはそれぞれのスタイルでいいはず。それより、結婚後に幸せになることの方がずっと重要なのですから。

また現代の婚活は、昔のお見合いとは違い、自分に選ぶ権利も決める権利もあります。今後は、家族を得るための手段として、益々一般化することになるでしょう。

何より婚活は、結婚の意思のある同士が出逢い、結婚を目的に交際することが出来ます。忙しい現代人にとって、これ以上理に叶った方法はないかもしれません。

今はもう、恋愛結婚だけにこだわる時代ではないと思った方がいいのでは?

そこに囚われ続けるより、確実にパートナーを見つけることの方がずっと価値があるのですから。

アナタはどう?今すぐ婚活を始めるべき人の特徴

女性編① 「待っていればそのうち…」と夢見ている

周りに対象者もいないのに、「いい人が出て来なければ独身のままでも…」と行動を起こさない人がいます。

しかし、そのような人ほど本音では「待っていれば、そのうちいい人が現れるかも」と夢見ているものです。

でも、行動を起こさなければ夢はまず叶いません。「仕事が忙しい」も言い訳にはならないです。

結婚に対し何も行動しなければ、自分が結婚対象として見られる土俵にも乗っていないことに早く気付くべきでしょう。

そのような人こそ今すぐ婚活を始め、まずは、男性から選ばれる土俵に乗ること。そこに抵抗があるなら「自分が男性を選ぶ」でも構いません。とにかくそれが幸せへの一歩なのです。

「いい人がいなければ…」と考えるのはそこから先でしかありません。「結婚したい」というのが本音なら、とにかく前に向かって行動を起こしましょう。

女性編②  何度恋しても結婚まで至れない

「早く結婚したい」と思っている女性が、結婚を考えてくれない男性や、結婚対象にならない男性とばかリ付き合ってもあまり意味がないのですが、

刺激が恋愛になりやすい女性ほど、何故かそんな男性にばかりに恋してしまいます。

しかし、ドキドキさせることに長けている男性は、恋愛はしても結婚となると躊躇する人が多いのです。

それは責任取らずに遊んでいたいから。もしくは、アナタを結婚相手として見ていないのです。そんな男と何人付き合っても、結婚というゴールにはやはりたどり着けません。

筆者はそのような女性こそ、早めに婚活に切り替えることが必要と思っています。何故ならそのような女性は、“結婚出来そうな男性”を見極めるコトが不得手だからです。

ぜひ婚活で、“結婚願望のある男性”の中から対象者を探しましょう。そうでないと、大切な時間を浪費するだけ。あっという間に歳を取ってしまいますよ。

女性編③  既婚者からしか声をかけられない

「本当は結婚したいのに、声をかけて来るのは既婚者ばかり…」という女性はいませんか?アラサー以降になると、そういった女性はかなり増えるはずです。

もしかすると、そのことで「私はモテるから大丈夫」と勘違いしてしまっている人もいるかもしれません。

でも、それは本当に危険!それはモテているのと違います。「遊び相手に丁度いい」と思われてしまっているだけなのです。

そして何より危険なのは、既婚者のアプローチに慣れてしまうと、慎重な独身男性が物足りなくなってしまうことです。

そうなってしまっては、いつまでも“男性に大切にされる人生”を送れないどころか、いつか不倫のトラブルに巻き込まれる可能性も。

そんな人こそ早くちゃんとした婚活を始めないと、気付かぬうちに“愛人体質”になってしまう可能性もあります。

「自分の子供が欲しい」と思っている人は、なお更肝に銘じて下さい。そうなってからでは本当に遅いのです!

男性編① 「恋愛と結婚は別」と思っている

このタイプの男性は、結婚がどうしても後回しになってしまいがち。

人間、モテるうちは遊んでいたいものですし、その方が楽しいので、だいたいずるずると歳を取ります。そして、遊ぶには難しい年齢になってからやっと結婚相手を探そうとする人が後を絶ちません。

そして多くの場合、自分よりかなり若い女性を望みます。年齢を重ねるほどに男性は、親が望む結婚相手=子供を安全に産める女性、周りが称賛する結婚=若く美しい女性を妻に、と望む傾向があるようです。

しかしそうなってからでは、今度は対象者が見つかりません。それは、若い女性たちの多くが「結婚するなら価値観の合う同世代の男性がいい」と思っているからです。

“歳の差婚”が出来るのは、本当に“特殊な人”に限ります。芸能人やセレブにそのような人がいるのは、本人の圧倒的な魅力は勿論のこと、財力やステイタスなどを与えた上で、女性を好きなようにさせてあげる余裕があるから。

「妻になる女性には、こうあって欲しい」と、その世代ならではの理想を持っている男性が、「若い時モテていたから歳の差婚が出来る」と思うのは本当に危険なこと。

「恋愛と結婚は別」と思っている男性ほど一年でも早いうちから婚活を始め、理想的な女性が出て来た時点で結婚するコトをお勧めしたいです。多くの人がはまりがちな後悔を、貴方も同じく経験しないように。

男性編②  仕事や趣味が忙しく、恋愛する時間がない

このタイプの男性も「結婚したい!」と思った時にはすでに遅し、となってしまいがちです。

「仕事が忙しいから恋愛は無理」「趣味に没頭している方が楽しい」という男性は、そもそも、あまり女性が得意でないのかもしれません。(どんなに忙しくても、女性好きな男性には彼女がいますよね)

しかし、年齢を重ねると「やっぱり結婚したい」と思うようになる男性が多い。体力に陰りが出てからの方が、将来に不安を感じたり、孤独であるコトに寂しさを覚えるようになったり、急に「子孫を残したい」と思うようになったりするのです。

でも、その時までに対女性のスキルが構築されていないと、悲惨な結果になる人もいます。「この男性はこの歳で気の利いたエスコートも出来ない」と、女性に引かれてしまうからです。

「女性がめんどくさい」と感じる男性ほど、いつかやってくる将来の自分を考えておくべきではないでしょうか。

一日も早く婚活を始め、女性に慣れること、対女性のスキルアップを図ることをお勧めしたいと思います。

男性編③  過去の失恋を引きずっている

男性は女性よりプライドが高く繊細。そのため、失恋のトラウマをいつまでも引きずってしまう人もいます。

だからといって、永遠に過去の失恋を引きずっていてはどんどん歳を取ってしまいますよね?

あの時はお互い、ただ単に若かっただけかもしれない。もしかしたら元々価値観が合わなかっただけかもしれない。

それなのに、それで一生自分を孤独にしてしまうなんて本当にもったいないことです。

また、一人の女性の経験で「女性はみんなそうだ」と極端に考えてしまうのも、現実を逸脱してしまうことになります。

そういう人ほどあえて婚活を始め、様々な女性を見て、世界を広げていただきたいと筆者は思います。

貴方を本当に支えたいと思う女性と巡り合えれば、過去の傷はきっと癒されるでしょう。

そういう方ほどむしろ結婚を意識し、一日も早く家族を持った方が、結果、心が癒され幸せを掴めるかもしれません。

本気で結婚したいなら、結婚相談所に行ってみよう!

そんな方々が、本気で結婚を意識した時にお勧めなのが“結婚相談所”です。

一言で婚活と言っても、ネット婚活や婚活パーティなど、様々なものがありますが、その中でも、特に“結婚相談所”がお勧めなのは以下のような理由があります。

本気度の高い会員が多い

アプリなどのネット婚活には、残念ながら遊び目的の人もいます。「会ってみたら写真と違った」「相手に結婚する気がなかった」ということもあるようです。

特に入会金無料で、気軽に参加できるものほどそういう人がいるのは仕方がないのかもしれません。

一方結婚相談所は、入会金や成婚料など、それなりの費用がかかります。

だからこそ、「そこまでしてでも結婚したい」と思う、結婚に本気の人しかいないのです。

また、しかるべき費用が払えるというコトは、一定レベル以上の仕事をしている人や、きちんとした家庭の人が多いと思った方がよいと思います。

会員の身元や年収などの保証が取れていることが、結婚相談所の強みでもあります。

「早めに相手を見つけたい」「結婚するならちゃんとした人と」「安心して婚活したい」と望む人にとっては、重要なことではないでしょうか。

専門家のサポートが受けられる

本気の人にとっては、ここが一番のお勧めどころでもあります。

今まで恋愛がうまく行かなかった人は、相手を見た目だけで選んでしまったリ、自分を押し付け過ぎたり、逆に臆病だったりと、何かしらうまく行かない癖を持っている場合がありますが、それを自分では気づけないコトが多いのです。

また恋愛初心者の方は、いざ婚活を始めても、どう異性と向き合ってよいかわからない人もいます。

だからこそ、コンシェルジュなど専門家のアドバイスが受けられ、成婚までサポートしてもらえる結婚相談所は、どんな人も結果を出しやすいと言えるでしょう。

如何でしたか?

偶然の出会いにこだわり過ぎて、結果、婚期を逃してしまう人が本当に増えています。アナタもそうなる前に、早めに婚活を始めてみませんか?

恋愛結婚よりお見合い結婚の方が“離婚率が低い”というデータもあります。それは、ちゃんと結婚を意識して相手を選んだからなのです。

幸せになるには、幸せになるための計画と行動があった方がよい人もいる。今の時代はそれも自然なコト、と捉えるべきかもしれません。

 

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪

ABOUTこの記事をかいた人

珠艶(じゅえん)

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。 しあわせ研究家・ヒーラー・占星術師・美容整体師。ヒーリング・ホロスコープ・ライフコンサル・美容整体などを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いている仙台のサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。 【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー