しあわせ上手はココを見る…!結婚すると「いいダンナさま」になる男性の特徴

独身女性のアナタは、将来どんな男性と結婚したら幸せになれると思いますか?

女性はつい、男性の年収や、ステイタスにこだわりがち。その上、容姿のカッコ良さや、話の上手さまで求める人もいるかもしれません。しかし、そこにこだわるあまり、大切なことを見落としている女性も多いのです。

確かに、お金があった方がいい生活が出来るでしょうし、容姿がステキであれば恋愛感情を抱きやすいかもしれません。でも、それが一番の要と思ってしまうと少々キケン。何故なら、お金があっても、カッコ良くても、長く仲良しでいられる男性でなければ、結婚して幸せになれるとは限らないからです。

アナタが結婚で幸せになりたいのであれば、もっと目を向けるべきポイントがあります。それはパートナーとして、“より良い信頼関係”を築ける男性かどうか、ということです。では、具体的に、男性のどのような部分を見ればいいのでしょうか。

そこで今回は、5,000件以上の結婚相談に乗って来た“しあわせ研究家”の筆者が、結婚すると、女性を幸せにする“いいダンナさま”になる男性の特徴をご紹介します。特に「男性を見る目に自信ない…」という女性は、要チェック!そうでない方も、確認の意味を込めてご一読になって下さいね。

人柄が“誠実”

約束したことを守る、ウソをつかないなど、誠実さのある男性は、“信頼できるダンナさま”になる可能性が高いでしょう。特に、恋愛経験が少なく、男性の話を真に受けやすい女性にとっては、ココが最大のチェックポイントになるかもしれません。そのような女性にとって、男性の言葉を信頼できる以上に安心なことはありませんよね。

ただし“誠実な男性”は、“真面目な男性”とイコールなので、ちょっと面白味が足りない場合もあります。でも、長く寄り添って行くことで、ウソをつく男性よりずっと夫婦円満でいられることがわかるはず。何故なら、ウソつきが平気な男性は、浮気の可能性がないとは言えないからです。

女性を守ろうとする意識がある

もしアナタが“頼りがいのある男性”と結婚したいなら、男性に、“女性を守ろうとする意識があるかどうか”を見極めておきましょう。

最近は、お母さんから甘やかされた男性が多いせいか、はたまた、女性が強くなったからなのか、「男は女を守るもの」と根本的に思っている男性は貴重です。そして、そのような価値観を持っていることと、年収や職業、年齢は全く関係ありません。また、守るものが出来ると仕事に張り合いが生まれ、将来的に出世する男性が多いのも特徴です。

ただし女性も、男性にとって守りがいのある、“素直で、可愛い女性”になる必要があります。男性に対して上から目線のまま、「守ってもらいたい」は難しいと思ってください。

また、「女性をどう守るか」ということに関しては、男性によって様々であることも知っておきましょう。最初から女性を経済力で守れる男性もいますが、それを望むのであれば、かなり年上にも目を向ける必要があります。若い男性の場合は、“話を親身に聞いてあげること”や、“家事に協力すること”、“いつも味方でいてあげること”などが、女性を守る証になることも。

女性も、今スグあれもこれも…と多くを望み過ぎては、かえっていい人を逃してしまうかもしれません。男性選びは、今ですべてを判断するより、将来性をいかに見るかが重要です。

思いやりがあり、女性を大切に出来る

女性の中には、「クールなオレ様風の男性に魅かれてしまう」という人もいますが、それは少々、少女漫画やTVドラマの観すぎかも。もし、本当に冷たい男性と結婚してしまっては大変です。疲れている時や具合が悪い時に、労わってもくれないようなダンナさまでは、結婚してもココロが寂しいままですよね。

幸せになりたいなら、やはり、優しく思いやりのある男性、女性を大切に出来る男性を選んだ方がいいでしょう。ドキドキするような刺激はなくても、暖かな愛情を示してくれる男性は、結婚後も、きっといいダンナさまになりますよ。

そんな男性を見極めるには、大変な時に手を差し伸べてくれるかどうかや、危ないものから守ろうとしてくれるかどうか、体調の悪い時本気で心配してくれるかどうかなど、その人の思いやりをチェックするとわかります。また、口ばかりで何もしない男性より、言葉が多少不器用でも、“実行型の男性”を選んだ方が、確実な幸せを与えてくれるでしょう。

女性と話し合うことが出来る

これは、結婚経験がないと見落としがちですが、将来の幸せのために、ぜひとも押さえておきたいポイント。何故なら、違う環境で育った二人が、夫婦として融合して行くためには、価値観を歩み寄らせる“話し合い”が欠かせないからです。

「女の言うことなんか聞けるか!」という男性や、話し合おうとしても、自分の殻に閉じこもってしまうような男性と、円滑な話し合いをするのは難しいものです。そのような男性と結婚した場合は、どちらかに100%合わせるしかなくなってしまうでしょう。

夫婦で何でも相談し合い、人生を歩んでいくことが出来れば、多少の喧嘩があっても、むしろ互いの理解を深められるという、プラスのサイクルを作り出すことが出来ます。きっと10年も経てば、人も羨むおしどり夫婦になっているでしょう。そのためにも、ある程度は、女性の話が聞ける男性を選んだ方がいいと思います。

ただし女性も、男性が耳を傾けやすい話し方を身に付ける必要があります。ダメ出しや、バッシングをするような話し方では、聞いてもらえなくて当然ですからね。

また、男性は女性より理解の仕組みが理論的。それ故、女性特有の感情に任せた表現がストレスになることも。男性と円滑に話し合うためには、落ち着いた説明を心掛けることが大切です。例えば、「わたしは〇〇した方がいいと思う。何故ならばそれは○○だから」などと、提案に“理由”を加えると、男性にも解ってもらいやすくなります。

如何でしたか?

結婚相手への理想が、年収や見た目に偏っていたり、ドラマに出て来るモテ男のイメージに囚われがちな女性もいると思いますが、それよりずっと大事なことがあることをわかっていただけましたでしょうか?例え、物質的な条件が揃っていても、自己中心的で身勝手な男性を選んでしまっては、むしろストレスフルな結婚生活になり兼ねないのです。

稀に、お金も容姿も人柄も…と、すべてが揃っている男性もいないとは言えません。でも、そのような男性がもしいたとしたら、すでに多くの女性がアプローチしているはずです。おそらく男性はその中から一番美人で、一番気立てのいい女性を選ぶでしょう。そんなハードルの高い男性ばかりを探しているうち、適齢期を過ぎてしまっては、何もならないのではないでしょうか。

それよりも、人柄や中身をしっかり見て自分に合う男性を選び、経済は二人で協力し合えばいい、ぐらいに思って結婚を決めた女性の方が、早めにココロの幸せや、人生の平安を得ている事実を、多くの女性にお伝えしたいと思います。

しあわせ研究家・珠艶の『今週のハッピー・ヒント』

■ 愛される女性が、あえて「使わない言葉」とは?

「あの子、いつも男性に囲まれている…」という女性っていますよね?そんな女性が男性からモテるのは「傍にいても傷つけられない安心感がある」という理由があるから。今回は、そんな愛され上手な女性たちが、意識して使わない言葉をピックアップしてみました。愛されたい女性は参考にしてみて下さいね。


① 嫌い

「嫌い」と言う言葉は、究極の全否定言語。この言葉を乱用すると、男性からは「否定されるのが怖いから、関わらないようにしよう」と思われてしまうのです。愛される女性は、極力否定用語を使わず、苦手な人であっても「あの人の○○は素晴らしいけど、〇〇な部分は苦手」と、いい所も見ようとします。

② ~すべき

「~すべきじゃない?」と何でも物事を決めつけてしまうと、「一緒にいても窮屈、この人には深入りできない」と思われてしまうかも。愛される女性は他人を尊重出来るので、価値観を上から押し付けたりしません。「~した方がいいかな?」などと、あくまで一つの考え方として提案するに留めます。

③ ウケる

お笑いやギャグにウケるのはいいのですが、男性の真剣な話や、真面目な話に対して「ウケる」という言葉を使ってしまう人も。しかしこれは「バカにしてるのか」と、相手を怒らせてしまう可能性が。愛される女性は、真面目な話には真面目に答えるなど、会話のTPOをわきまえています。


④ 失格

「あの人は〇〇失格!」などと、人を裁きがちな女性も、「近寄るといつか傷つけられそう…」と男性から引かれてしまうかも。愛される女性は、むやみに人を裁く言葉は使いません。せいぜい「あの人、もう少し〇〇だといいのに…」と言う程度でしょう。

まだまだ他にもあるかもしれませんが…。男性は、プライドを傷つけられそうな女性を警戒する傾向があります。愛されたい女性は、日ごろから言葉の使い方に注意しておきたいですね。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪