【親御さん必見】独身のお子さんに結婚して欲しいなら!親が言うと逆効果なNGワード

もうすぐお盆休み。「都会に就職した子供が帰省して来るのが楽しみ」という親御さんも多いのではないでしょうか?

でも、適齢期を過ぎようとする独身のお子さんを持つ親御さんは、一抹の不安もあるかもしれません。「結婚のことを聞くと、いつも険悪になってしまう」そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、5,000件以上の結婚相談に乗って来た、“しあわせ研究家”の筆者が、子供に結婚してもらいたい親御さんが、あえて言わない方がいい“NGワード”をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するNGワードは、筆者の元に相談に来られた独身男女が、実際に「折角、相手を探そうと思っても、これを言われるとかえって結婚する気が萎えてしまう」と嘆いていたものばかりです。

もしかしたら、「それ、言ってしまってた!」と思うワードもあるかもしれませんので、ぜひお盆前にチェックしておいていただけたらと思います!

NGワード・男女のお子さん共通編

「いつまでも結婚しないでどうするの!」

どうすると言われても……もし、お子さんが「いつかは結婚したい」と思っているなら、一番困っているのはお子さん自身なのです。まずは責めるより、困っている気持ちに寄り添ってあげた方が、聞く耳を持ってくれのではないでしょうか。

「いつ孫の顔を見せてくれるの?」

子供は一人ではできないのですから、今現在相手がいない以上、答えたくても答えられません。お子さんも密かに焦っていた場合、追い打ちをかけて逆効果になることの方が多い一言、親孝行なお子さんほど辛くなってしまうものです。

「親戚の〇〇ちゃんは、もう〇人目が産まれたんですって」

これは参考になるというより、お子さんのプレッシャーにしかならない話題。「親戚が何人目」「同級生が何人目」と毎回言われ、「実家に帰りずらい」「出来れば帰りたくない」と思うようになってしまった人も少なくありません。

NGワード・女のお子さん編

「お母さんがアナタの年には、もう二人目を産んでたわ」

「少しはお母さんを見習ってほしい」という意味だと思いますが、これを言われてしまうと、「アナタは女性として劣っている」と言われているように感じ、より意固地になってしまうお子さんもいます。「今は女性も“腰掛”ではいい会社に雇ってもらえない。それを言うなら、ちゃんとした就職を勧めないでほしかった」というアラサー女性の意見を聞いたこともあります。

「女が結婚しないなんてみっともない」

親御さんの時代はそうだったかもしれませんが、今は仕事があれば女性も立派に自立して生きて行ける時代。お子さんの周りには、独身キャリアを謳歌している先輩たちが沢山いるのです。昔の常識を押しつけても、かえって嫌悪感をもたれてしまうでしょう。

「お父さんみたいな人と結婚しちゃダメ」

「結婚願望がない」というお子さんの中には、「親夫婦が幸せと思えないから」という人が多いのをご存知でしょうか?娘さんにとっては、どんなお父さんであっても血を分けた父親。お母さんがお父さんの悪口を言えば言うほどココロが傷つき、結婚を“いいもの”と思えなくなってしまいます。

NGワード・男のお子さん編

「男は家庭を持って一人前」

お父さんが息子に言いがちな一言ですが、息子にとっては「だからお前は半人前だ」と言われているのと同じ。もし、仕事が忙しく彼女を作る余裕がないのだとしたら、大いにプライドが傷つきます。かえって意固地になられてしまう可能性も。

「家を絶やすつもりか」

特に、就職して自立したお子さんの多くは、「家のために結婚したい」と考えるより、まず「自分のために結婚すべきかどうか」を悩んでいます。こういったことを言えば言うほど、結婚に嫌気が刺す可能性があるため、注意が必要だと思います。

「“若いお嫁さん”を連れて来なさい」

孫が欲しいからと、40代以降の息子さんにこのようなことを言う親御さんもいますが、それはお子さんの年齢によっては酷になる場合があります。

何故なら今の婚活市場において、女性が結婚相手に望む“年齢差”は多くて5歳程度、年収や見た目など好条件であっても7~8歳程度だからです。40代のセレブ社長と20代女優のカップルなどは特例中の特例。一般的には、お子さんの年齢から逆算すれば、実際に幾つぐらいの女性と結婚が可能かがわかると思います。

責めても解決しません!まずは事情をわかってあげることから

親御さんが結婚した時代は、多くの人が「結婚するのが当たり前」と思っていた時代だったと思います。また、親戚や会社の上司の中に、縁組を進めてくれる“お世話好きな人”も多かったですよね。

しかし、今は違うのです。人生の選択肢が増え「結婚に興味がない」という若者もいて、そもそも結婚対象となる人材が不足、その上“お世話好きな人”も激減しています。しかも、みんなが「ステキ」と思うような人は、恋愛に積極的な人に捕まり、早々に結婚してしまっています。

また、結婚出来ずに悩むお子さんの中には、若い頃恋愛経験を踏めておらず、異性に対する自信がないまま今に至る人もいます。本人が奥手だった場合もあるし、勉強や仕事でそれどころではなかった人もいるし、「恋愛なんてはしたない!」という親の言葉を真面目に聞いて育った人もいます。

そんなお子さんが結婚に出遅れてしまったことを、今更責めても何もなりません。

それよりも、「今は、相手を見つけるのも大変なんですってね…」と、まずは事情をわかってあげていただけたらと思います。そして、「結婚したいなら、探す方法を考えてみようか」と寄り添ってあげた方が効果的でしょう。

“親の体裁のため”は、子供のココロに響かない

「周りは孫がいて羨ましい」「親戚に対して体裁が悪い」こういった親御さん側の要望を押しつけてしまうと、逆に、お子さんのココロは閉じてしまうばかりです。

今もって独身ということは、元々異性と関係を持つことが苦手か、経験が足りずに異性に対する自信がないか、異性を見る目がないか、のどれかなのです。

そんなお子さんに、苦手を克服してでも「相手をみつけよう!」と思ってもらうためには、親御さんも「息子(娘)の幸せのために…」というスタンスに切り替える必要があると思います。

お子さんを出来るだけ“結婚しやすくしてあげること”

「有名企業のエリートか医者で、人柄の良い男性と結婚して欲しい」「若くて器量が良くて健康な、同居もしてくれる女性と結婚して欲しい」

子供の幸せのためとは言え、お子さんの結婚に期待をし過ぎてしまう親御さんもいます。

しかし、「それが本当に可能かどうか」ということまでは考えられていません。婚活においては通常、好条件の男性ほど、より若く美人で生活能力の高い女性を求めるし、若く器量の良い女性は、同居の必要のない安定した職業の“イケメン”を求めているのです。

どんな親御さんも、自分のお子さんは世界一良く見えるものですが、親が子供の結婚に、あまり“高い理想”を持ってしまうと、困ってしまうのはお子さん自身なのです。

筆者は、「親が気に入る人でなければと思うと、本当にパートナー探しが難しいです…」と、相手が見つからずに悩む人を沢山知っています。

それぞれご家庭の事情もあると思いますが、まずは「息子(娘)を大切にしてくれる人ならそれで充分」と思ってあげては如何でしょうか?その方が、お子さんも安心して相手探しが出来るはずです。

また、親御さんがより“広く寛容なココロ”でいた方が、お嫁さんやお婿さんからも慕われ、場合によっては同居の可能性も出て来るかもしれません。

お子さんによっては、“婚活”をサポートすることも必要

「うちの子なんで結婚出来ないのかしら?」そう疑問に感じる親御さんもいると思いますが、単純に「勇気がない」だけではなく、「時間がない」と「お金がない」の両方があることもぜひ知っていただきたいと思います。

「仕事が忙しくて、自力で異性と出逢う余裕がない」という人もいますが、それは、しかるべき結婚相手紹介サービスの会員となり、婚活を始めれば解決することです。しかし世の中には、「今のお給料では生活するだけで精一杯、婚活にお金を使う余裕がない」というお子さんもいます。

また、恋愛経験が少ない人や、より条件の合う人を探したい人は、会員の身元や学歴、年収が保証されていて、プロのアドバイザーがお世話をしてくれる会社が確実で安心。しかし、信頼重視の会社は、安全性やサービスが整っている代わりに、ある程度入会金や、会費ががかかります。

「いつかは結婚したい」と思っているお子さんの中には、「相手を探したくても経済的に厳しい」と悩んでいる人もいます。もしかしたら、アナタのお子さんもそうかもしれません。でも、お子さんご本人からはなかなか言いずらいこと。可能であれば親御さんの方から、サポートを申し出てあげるといいのではないでしょうか。

まとめ

如何でしたか?

今回ご紹介したNGワードを、「子供によかれと思って言っていた」という親御さんもおられると思います。しかし、昔の価値観を振りかざすほど、お子さんの“結婚しようする意欲”を萎えさせてしまう可能性もあります。

そして、いくら“結婚は家と家だ”といっても、親御さんが相手選びに口を出し過ぎると、かえって“結婚出来ない人”にしてしまうかもしれません。

婚活成功の秘訣は、“いい人”を探すより、“その人に合った人”を探すことにあります。お子さんに結婚して欲しいなら、お子さんと無理なくカップルになれるお相手を、広い心で受け止めてあげていただけたらと思います。

もうすぐお盆休み、お子さんを笑顔で迎え、笑顔で送り出すためにも、今回の記事をココロの隅に留めていただけたら幸いです。

【筆者略歴】

珠艶(じゅえん)1963年生まれ。しあわせ研究家/コラムニスト/ヒーラー/美容整体師。ヒーリング・美容整体・ライフコンサルを通じ、多くのクライアントを結婚・適職など“しあわせな人生”に導いているサロン「レボルシオン」のカリスマセラピスト。特に結婚相談は、過去5,000人以上の実績がある。【著書】「女整体師が教える快感のスイッチ」メディアファクトリー他。

しあわせ研究家・珠艶の『今週のハッピー・ヒント』

■ もうすぐお盆!帰省中、実家で食べたい料理は?

一人暮らしの人にとって、実家で食べる料理は帰省の楽しみの一つではないでしょうか。今回は「子供が帰って来たら何出そう…」と悩んでいる親御さんに、人気のメニューをご紹介。

① 子供の頃、好きだったもの

これはまさに、お子さんにとっておふくろの味。から揚げやカレー、ハンバーグなど様々でしょうが、お子さんが好きだったメニューがあるはず。帰省の楽しみは食べる楽しみでもあります。ぜひ懐かしい味を振るまってあげて下さいね。

② 寿司・天ぷら盛り合わせ

ご馳走というイメージが強い、寿司・天ぷらですが、「やっぱり特別感があって、華やかな気持ちになります!」と言う人が多いようです。

③ 焼肉

これは、特に若者が喜ぶメニュー!家族でワイワイお肉を焼けば、きっと会話も盛り上がることでしょう。

④ すき焼き

一人暮らしの若者が、普段はなかなか食べることがない料理。ちょっとお肉を奮発すれば、「帰省してよかった!」と喜ばれるのではないでしょうか。

⑤ みそ汁・煮物

みそ汁や煮物は、地域や、お母さんならではの味が出やすい料理。お子さんに「これこれ!この味!」と喜んでもらえるコト請け合いです。

無料で体験できます!
マッチングシミュレーション体験

結婚相談所での活動を始めるまえに、一度体験されることをおすすめしております。

どんな方が登録されているか、無料で実際にマッチングシミュレーションを体験できます。
私たち婚活のプロに、しあわせな未来づくりのお手伝いをさせていただけませんか?

無地の封筒でお届けします
マリッジパートナーズの資料請求

マリッジパートナーズが選ばれる理由、ご入会からご成婚までの流れを資料でご案内いたします。無料でお届けしますので、お気軽にどうぞ♪